転勤する男性上司へハンカチを贈ろう!プレゼント選びのコツ・人気ブランド6選

この記事は2020年09月時点の情報を参考にしています プレゼント

転勤する男性上司に贈り物をする際、何をポイントに選んでいますか? オシャレなハンカチは、お世話になった男性上司へのプレゼントにピッタリなアイテムの一つです。今回は、転勤する男性上司にハンカチを贈るときに注目すべきポイントと、贈り物として喜ばれるハンカチ6選をご紹介します。


転勤する男性上司へのプレゼントには、今までお世話になった感謝の気持ちを伝えることに加え、新天地でも清々しく仕事に取り組めるような贈り物を渡したいですよね。

異動先の職場でも気軽に使えるものと言えば、身だしなみに欠かせないアイテムの一つであるハンカチです。
ハンカチであれば生地やデザインの種類、価格帯も幅広いので、相手の好みに合うものを見つけやすいでしょう。

今回は、転勤する男性上司への贈り物として、ハンカチを選ぶポイントと、人気のハンカチ6選をご紹介します。

選ぶポイントや人気のあるアイテムをあらかじめ知っておけば、渡したときにきっと喜んでもらえるはずです。
こだわりの一品を選んで、お世話になった男性上司を快く送り出しましょう。

転勤する男性上司へ贈るハンカチの選び方


ハンカチと一口に言ってもそのデザインや柄、種類は多種多彩です。
安易に選んでしまうと、「自分の好みを把握してもらえてないんだな……」と相手をがっかりさせてしまうかもしれません。
そんな事態にならないよう、選び方のポイントをしっかりと押さえ、喜ばれるハンカチを選びましょう!

ポイント①:相手が使うシーンに配慮する


派手なハンカチだと、職場では使いづらいかもしれません。
相手がハンカチを活用するシーンに配慮することが大切です。

スーツスタイルが多い男性には、シンプルなデザインや色合いのものを選ぶように心がけてください。
カジュアルな服装が可能な職場であれば、柄やデザインにこだわる必要はあまりないでしょう。

ポイント②:シワになりにくい素材を選ぶ


ハンカチの素材によっては、洗濯のときにシワがつきやすいものもあります。
こうしたアイテムはシワが付いたまま使うと、「身だしなみが整っていない」という印象を与えてしまう可能性が高いです。

アイロンをかける習慣がない人は、使い勝手が悪いと感じてしまうかもしれません。
そのような不安がある人には、形状記憶タイプのハンカチや、タオル生地のものを選んでプレゼントするといいでしょう。

ポイント③:年齢や雰囲気に合わせる


ハンカチのデザインやブランドは、さり気なく周囲に見られるものです。
相手の上司の年齢や普段の雰囲気をしっかり把握しておきましょう。
ブランド自体の魅力を最大限に引き出せるように、相手にふさわしい一品を選びましょう。

ポイント④:ラッピング


プレゼントにも第一印象が大事です。
特にラッピングされていないものだと、特別感が半減してしまいます。
購入する際には、商品を事前にラッピングができるかどうか確認しておきましょう。

店舗ではラッピングできないということはまずないですが、ネット購入だとラッピングしてもらえないことがあります。
ネットでしか買えず、ラッピングしてもらえないときは、自分でラッピングをしましょう!
今は100均でもラッピング用の素材が揃えられる上、包装の方法もネットで調べることができます。

男性上司へのプレゼントにおすすめのハンカチ6選


「男性向けのハンカチなんて全然わからない…!」
「具体的にどんなブランドを選べばいいの?」
と悩む方もいるでしょう。

ここからは、プレゼントとしておすすめのハンカチを6つご紹介します!
お世話になった男性上司に喜んでもらえるように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①:Ralph Lauren(ラルフローレン)

ニューヨークのブランドラルフローレンは、幅広い年代に好まれるブランドとして知られています。
有名ブランドの一つでもあるので、ハンカチの平均相場は約3,000円ほどとなっています。

ラルフローレンのタオルハンカチが2枚組になったこちらのセットは、オールシーズン使うことができます。
サイズは26×26cmとなっており、使い勝手も抜群です。
コットン100%のタオルハンカチなので、シワの心配もいらないでしょう。

②:TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

東京生まれのTAKEO KIKUCHIは、遊び心がありながらも品質の高いブランドです。
周りのステッチとハットの刺繍のワンポイントが優雅な印象を与えます。
シンプルなデザインなので、ギフトにもおすすめです。

サイズは全長26.5×幅25.5cmで、カラーバリエーションも豊富。
なお、こちらも素材がコットン100%のタオルハンカチなので、シワができにくいです。

③:BURBERRY(バーバリー)

バーバリーと言えばチェック柄が有名で、基本的にはシックなデザインが多いです。
高い年代向きのブランドとして知られていましたが、最近は若い年代にも人気があるため、年代を問わない人気ブランドになっています。
知名度も人気も高いブランドなので、きっと喜んでもらえるでしょう。

こちらのハンカチには、バーバリーの象徴である、チェック柄とホースマークの刺繍がデザインされています。
素材は綿100%、大人の男性にピッタリな渋い見栄えがポイントです。

④:カルバンクライン

カルバンクラインは上品な色使いが多いですが、比較的若い年代から好評を得ています。
平均相場は800円ほどとなっており、ハンカチのなかでは比較的プレゼントしやすい価格帯といえるでしょう。
派手過ぎずシンプル過ぎず、上品な雰囲気を演出するチェック柄が魅力的です。

⑤:田中産業 今治タオル

愛媛県で生まれた今治タオルは、歴史が長く、その品質の高さから様々なメーカーとコラボしています。

その特徴は吸水性抜群のふわふわとしたさわり心地です。
平均相場は500~1,000円で、高品質ながらも購入しやすい点が嬉しいですね。

『Otta(オッタ)』というメーカーとのコラボで、個性的かつ可愛らしいアイテムが多数出ており、カジュアルなシーンで大活躍します。
センターにある折り目で二つ折りにすることで、折りたたんでもかさばりません。

⑥:Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、細い線と太い線を組み合わせた変則的なストライプが特徴的なブランドですよね。

ハンカチは落ち着いた色合いとポールスミスのブランドロゴが印象的です。
カラフルからモノクロなものまで、カラーバリエーションが豊富で、主に若い世代から人気を集めています。

まとめ


転勤する男性上司にハンカチをプレゼントするときは、以下4つのポイントを意識して選びましょう。

  • 相手が使うシーンに配慮する
  • シワになりにくい素材を選ぶ
  • 年齢や雰囲気に合わせる
  • ラッピング出来るかどうか

また、おすすめのプレゼント用ハンカチには、

  • [Ralph Lauren(ラルフローレン)] タオルハンカチ
  • [TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)] タオルハンカチ
  • [BURBERRY(バーバリー)] 紳士ハンカチ
  • [カルバンクライン] 紳士ハンカチ
  • [今治タオル] ハーフタオルハンカチ
  • [Paul Smith(ポールスミス)] ハンカチ

以上の6点が挙げられます。

相手の方の雰囲気や年代によって好みが分かれてくるので、事前に上司の身の回りのものに注目しつつ、リサーチしておくことが重要です。

これまでのポイントを押さえ、贈る相手のことを真剣に考えて選んだものであれば、きっと喜んでもらえるでしょう。
今までの感謝の気持ちが伝わり、新しい職場でも頑張ろうと思ってもらえたら嬉しいですね。