プライドの高い高学歴男子のハートを掴みとれ!キュンキュンさせる会話テクニック

この記事は2020年09月時点の情報を参考にしています テクニック

高学歴男子って魅力的ですよね。でもどうすれば高学歴男子の心を掴めるかが分からない。と言う人も多いでしょう。「高学歴男子ってなんだかプライド高そう」=「落としにくそう」と不安になる人も多いはず。そこで今回はプライドの高い高学歴男子をキュンとさせる会話術を紹介します。

高学歴男子って魅力的ですよね。
「頭が良くて説得力がある」
「良い仕事についていそうだから収入も高そう」
…というイメージを持っている人も多いでしょう。
でも、「プライドの高い高学歴男子は落としにくそう……」と不安になる人も多いはず。

そこで今回は、プライドの高い高学歴男子をキュンとさせる会話術を紹介します。
思わずキュンとさせる会話テクニックを身に付けることで、高学歴男子と付き合うことも夢じゃありませんよ。

高学歴男子をキュンとさせる会話術①「さしすせそ」で褒める


高学歴男子をキュンとさせるテクニック、1つめは「とにかく褒める」 こと。
高学歴男子に関わらず、人間だれしも褒められて悪い気はしませんよね。

しかし、ただ褒めるだけでは物足りなさを感じさせてしまいます。
テッパンの褒め言葉と言えば「さしすせそ」
一度は聞いたことがあるという人も多いでしょう。
ここからは褒め言葉の「さしすせそ」について詳しくご紹介します。

「さ」は「さすが」


「さしすせそ」の「さ」は「さすが!」

普段の会話の中ではあまり使わないかもしれませんが、言われると優越感を感じる言葉ですよね。

使うタイミングも重要です。
例えば
・頼みを聞いてくれたとき
・周りやあなたに対して気配りをしてくれたとき

などに使うとより効果的です。

「さすが!」 自体、感心する様を表した言葉なので、高学歴男子に感心したときは素直に伝えましょう。

「し」は「知らなかった」


高学歴男子は「知らなかった」 と言われると、相手のはじめてに触れられた気がして嬉しくなる心理があります。
高学歴男子と会話していると、実際「知らなかった」 と感じることも多いでしょう。
自分の知らなかったことは「知らなかった」 と積極的に伝えましょう。

また、「知らなかった」 という言葉には特別感を感じさせる効果もあります。
この特別感にも高学歴男子は弱い傾向があるので、キュンとさせるにはおすすめです。

「す」は「すごい」


「す」は「すごい」です。
「すごい」 という言葉には肯定的な意味が含まれています。
誰でも肯定されれば嬉しく感じますよね。
高学歴男子も同じです。
すごい!と褒められると嬉しくなるのです。

しかし「すごい」は使いやすい言葉であるとともに、注意も必要です。
使いやすいからと言ってむやみに使っていると、適当にあしらわれてるようにかんじてしまうことも。
感情をこめ、タイミングと頻度を考えながら使いましょう。

「せ」は「センスある」


「せ」は「センスある」です。
センスがあると言われると、認められた感じがしますよね。

女性でも服装やメイク、アクセサリーの小物を「センスある」と褒められると嬉しくなりますし、自信にも繋がりますよね。
高学歴男子にも同じことが言えます。
とくに高学歴男子がこだわっていることについて「センスある」 と褒めることで、「自分のこだわりを理解してくれている」と感じてもらえるでしょう。
服装や小物、自分のために選んでくれたプレゼントなどに「センスある」と伝えてあげることがおすすめです。

「そ」は「そうなんだ」


「そ」は「そうなんだ」です。
「そうなんだ」はよく相槌で使う言葉ですよね。
会話を聞いてうなずくだけよりも、「そうなんだ」と言われた方が「親身になって話を聞いてくれている」と感じやすいです。

悩みなどの真剣な話であれば、真剣に話を聞きながら「そうなんだ」を使いましょう。
逆に楽しい雰囲気の話であれば、ニコニコしながら使ってみましょう。
話の雰囲気によって「そうなんだ」も使い分けることが大切です。

さらに具体的に褒める


ここまで紹介した「さしすせそ」にプラスして、「具体的に褒める」 ことも意識しましょう。

例えば、「◯◯君って頭良い」だけではなく、具体的にどういったところが頭が良いのか、まで伝えましょう。

「◯◯君って説明上手だから分かりやすい!頭良いよね~!」
というように、少し具体的な言葉を添えることで高学歴男子の心に届きやすくなります。

高学歴男子をキュンとさせる会話術②難しそうな話でも流さない


高学歴男子をキュンとさせる会話術2つ目は、難しそうな話でも流さないことです。

高学歴男子はあなたの知らない知識をたくさん持っています。
会話をしていると話が難しすぎてついていけない事も出てくるでしょう。
そんな時の注意点をいくつかあげておきます。

単調な言葉で流さない


難しい話を聞いていると、「へ~」「そうなんだ」などと単調な言葉で返してしまいがち。
それでは会話がはずみませんよね。
つまらなさそうに見えてしまい、雰囲気が悪くなってしまうことも。
「それでそれで?」や「どうなったの?」
など興味を示してみましょう。

分からないところは質問する


難しい話を聞いていると、分からないところも出てくるでしょう。
そんな時は、素直に分からないところの質問をするようにしてください。
高学歴男子は、質問に意気揚々と教えてくれるはず。
そうすると会話もはずみ、お互いに居心地が良くなりますよ。

高学歴男子をキュンとさせる会話術③失敗を受け入れてあげる


高学歴男子をキュンとさせる会話術3つ目は、失敗を受け入れてあげること

高学歴男子は失敗することや挫折になれていない場合が多いです。
失敗や挫折を経験したときに話を聞いてくれたり、慰めてくれるような存在がいると、この人を離したくない!と思ってくれるでしょう。
失敗を受け入れてくれる天使のような存在になれると、高学歴男子をキュンとさせることができますよ!

注意点


注意したいことは、相手を絶対にバカにしないこと。

高学歴男子は、少しプライドが高い傾向があります。
プライドの高い高学歴男子の失敗を鼻で笑うようなことをしてしまうと、プライドをズタズタに傷つけてしまいます。
間違ってもバカにしたり、鼻で笑うようなことのないようにしましょう。
それまで良い雰囲気だったとしても、心が離れていってしまうかもしれません。

高学歴男子をキュンとさせる会話術④胃袋をつかむ


高学歴男子をキュンとさせる会話術4つ目は、胃袋をつかむことです。

地方出身の高学歴男子は、下宿先や寮などの素朴な料理や、家庭料理に親しみを持っている人が多いです。
「おふくろの味」的な素朴な手料理を出されると、高学歴男子は思わずキュンとしてしまうでしょう。

高学歴男子をキュンとさせる会話術⑤よく笑う


プライドの高い高学歴男子は人に笑われることを好みません。
むしろ人を笑わせることが好きなのです。

高学歴男子と会話をするときは、些細な冗談でもよく笑ってあげましょう。
話をよく聞きながらよく笑い、話題を広げていくと、相手も「この子と話していると楽しい」と思ってくれるでしょう。

高学歴男子をキュンとさせる会話術⑥相手を頼る


高学歴男子をキュンとさせる会話術6つ目は、相手を頼ることです。
男性は頼られると嬉しくなる生き物。
上手く頼って、彼の心を掴みましょう。

相談をする


相手をうまく頼るには、相談にのってもらうのが近道です。
プライドの高い高学歴男子は、女性から相談をされると「頼られている」と感じ、心の距離が縮まりやすくなります。

アドバイスをもらった後に「◯◯君に話してよかった」「聞いてもらってスッキリした」
など一言伝えると、さらに好印象でしょう。

ここで注意したいのが相談の重たさです。
あまり重たい相談事だとその時点で引かれてしまう可能性があります。
まずは軽く相談できることからしましょう。

女性では難しいことをしてもらう


プライドの高い高学歴男子は、女性が苦手なことを頼むと喜んでやってくれる傾向があります。
例えば、機械の接続など。
「機械音痴だから分からないんだよね」と話すと、「じゃあしてあげるよ」とやってくれる事が多いです。
仕方ないなあという体でしてくれていても、心のなかでは頼られて喜んでいるのです。

買い物に付き合ってもらう


買い物に付き合ってもらうのも、うまく頼る方法の一つです。

例えば、カレの得意分野の買い物をしたいとき、おすすめのものを選んでもらうとよいでしょう。
「◯◯君って△△が得意だったよね。△△が買いたいんだけど、買い物に付き合ってくれない?」
と誘ってみましょう。
さりげないデートのお誘いにもなります。

高学歴男子をキュンとさせる会話術⑦男性を立てる


少し古い考え方かもしれませんが、プライドの高い高学歴男子は男性を立ててくれる女性を好む傾向があります。
自分が優位に立った交際を求めていることが多いので、ここぞという時に男性を立ててあげましょう。

無理をして猫をかぶっていても、高学歴男子にはすぐに見破られてしまいます。
無理のない程度に、男性を立てる心遣いをしましょう。

まとめ


プライドの高い高学歴男子をキュンとさせる会話術のコツは、以下の6つです。

  • 「さしすせそ」で褒める
  • 難しそうな話でも流さない
  • 失敗を受け入れてあげる
  • 胃袋をつかむ
  • よく笑う
  • 相手を頼る
  • 男性を立てる

意中の高学歴男子にぜひ試して、素敵な彼をゲットしてくださいね。