アウトドアデートの準備はOK?できる女子が気を付けている10個のポイント

この記事は2020年11月時点の情報を参考にしています デートプラン,テクニック,ファッション/コーデ

二人の絆を深めてくれるアウトドアデート。普段の街でのデートとはちょっと違った環境でも、彼からできる女性と思ってもらいたいですよね。服装や事前準備、持ち物などアウトドアデートで気を付けるべきポイントをご紹介します!!

快適な空間で豪華なキャンプが楽しめるグランピングデートは、多くの女性が憧れるデートプランのひとつですよね。
また、紅葉シーズンのハイキング、気の合う仲間とのBBQなども、カップルで楽しめるアウトドアの定番です。

しかし、
「アウトドアデートの経験がないから、どんなことに気をつけたらいいのか分からない……」
という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

アウトドアデートでは、あまり場違いな振る舞いをしてしまうとパートナーにがっかりされる可能性もあります。
意識するべきポイントをしっかりおさえて、アウトドアデートで「できる女子」を演出しましょう!

アウトドアデートはどんな服装がいいの?


アウトドアデートには、普段街にでかけるような服装で行くべきではありません。
TPOに合わせた服装ができない女子にがっかりする男性は意外と多いものです。
では、アウトドアデートに合わせた服装のポイントを見ていきましょう。

ファッションレンタル EDIST. CLOSET

服装のポイント①:汚れても洗いやすい服をチョイス


アウトドアは自然の多いところにいきますし、服が汚れてしまうかもしれないタイミングも多いです。
フリフリでいかにもおしゃれ着洗いが必要なのでは?という服はやめておきましょう。
彼に「服が汚れちゃうね」なんて気を使わせてしまう服装はNGです。
洗いやすい服を選んだり、汚れても目立たないような色味のものをチョイスしたり、工夫しましょう!

【usus ウズウズ】

服装のポイント②:歩きやすい靴で


アウトドアデートには、歩きやすい靴で行きましょう。
機能性を考えると、やはり一番のおすすめはスニーカー
特に夏はかわいいサンダルをはきたくなってしまいがちですが、そこはぐっと我慢して、かわいいスニーカーをチョイスしてみましょう。

服装のポイント③:露出しすぎない


自然の中で開放的な気分になり、露出度が高めになってしまう人も多いでしょう。
しかし、自然の中だからこそ露出は控えめにするのがおすすめです。
アウトドアデートでは、街でのデート以上に日焼けや虫刺されのリスクが高くなります。
また、植物によっては触れただけで皮膚が炎症を起こしたりする場合もあるので注意が必要です。

アウトドアデートは事前準備が大切


アウトドアデートでは、何より事前準備が大切です。
当日にアクシデントが発覚すると、楽しいはずのデートも険悪なムードになってしまいかねません。
トラブルに備え、どんな準備が必要なのかを確認してみましょう。

事前準備①:持ち物リストをつくる


アウトドアデートに行く前に、持ち物リストを作っておきましょう。
事前のお買い物や前日のチェックでも活躍すること間違いなしです!

ちょっとした忘れ物が一大事を引き起こすこともあります。
例えば「マッチを忘れたため火がつけられず、料理ができない」など。
「忘れ物をしても行った先で調達できるだろう」と甘く見てはいけません。
自然が多い場所は街から離れていることが多く、お店などがない場合もあるのです。

事前準備②:各アイテムの使い方を調べておく


キャンプやバーベキューでは、テントを組み立てたり、調理器具を設置したりと、やることがたくさんあります。
普段は使わないようなアイテムも多く必要になるでしょう。

始めて触れるものや使い勝手が分からないアイテムがあれば、簡単にでもいいので使い方を調べておきましょう。
慣れないことでも積極的に協力すれば、男性側も「この子は頼れる子だな」と感じてくれます。

事前準備③:行先までの道順を調べる


アウトドアデートでの行先が決まったら、道順をおおまかにチェックしておきましょう。
所要時間や渋滞しやすい道を調べておくことで、到着予定時刻が大幅にずれてしまうといったようなことも防げます。

高速道路を使うなら、どこのサービスエリアで休憩するかも決めておくとスムーズですね。
サービスエリアならではの食事やショッピングを楽しみながら向かうのもおすすめです!

持っておくべきアイテムは?


アウトドアデートに必要なものは、普段のデートで使うものとはちょっと違います。
ここからは、アウトドアでのデートに便利な必須アイテムを具体的にご紹介します。

持っておくべきアイテム①:虫対策は万全に


虫に気を取られてデートを楽しめなくなってしまっては残念ですよね。
虫対策はしっかりしておきましょう。
虫よけスプレーや蚊取り線香、刺されてしまったときのために塗り薬なども持っているといいですね。
今は身に着けるタイプの虫よけグッズなどもあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

持っておくべきアイテム②:ウェットティッシュは大きめのものを


ウェットティッシュを持ち歩いている方は多いですよね。
アウトドアデートでは、いつも以上にウェットティッシュを多く使う機会があります。
ウェットティッシュは予備なども含め、いつもより多めに準備しておくと安心です。

持っておくべきアイテム③:キャンドルを用意してムードを演出


電気のない自然の中では、夜になると街の中のような明るさはありません。
月や星空を眺めながら、ロマンチックな夜を過ごすことができるでしょう。

そんなロマンチックな夜には、キャンドルをつけてみてはいかがでしょうか。
キャンドルの優しい灯りが、あなたをさらに魅力的に見せてくれるでしょう。
きっと、彼もドキッとしてくれますよ。

持っておくべきアイテム④:とにかく楽しむマインド


最後に、アウトドアデートで絶対に忘れてはいけないのが「とにかく楽しもう」という気持ちです。

初めてのアウトドアデートなら、不安もあるかもしれません。
いつものデートとは違い、彼と協力する場面が多くあったり、失敗もあったり、彼の嫌な面を見てしまうこともあるでしょう。
しかし、彼とのデートを楽しみたいという気持ちがあれば、そんな壁も乗り越えられます。
ポジティブな気持ちを持って行けば、どんなことが起きても楽しめますよ!

まとめ

アウトドアデートで気を付けるべきポイント10選

  • 汚れても洗いやすい服を選ぶ
  • 歩きやすい靴を履いていく
  • 露出しすぎない
  • 持ち物リストをつくる
  • 各アイテムの使い方を調べておく
  • 行先までの道順を調べてスケジュールをたてる
  • 虫対策は万全にする
  • ウェットティッシュは大きめのものを持っていく
  • キャンドルを用意してムードを演出
  • とにかく楽しむマインドを忘れずに!

アウトドアデートは、あなたと彼の絆をより深めてくれるでしょう。
今回紹介したポイントをおさえ、彼とのアウトドアデートを成功させてくださいね!

世界中で利用されているマッチングサービス「match.com(マッチ・ドットコム)」
日本でも会員250人突破!なんとマッチで知り合ったカップルの44%が交際1年で結婚しています。
まずは無料で会員登録!