フランス人女性とデートするときのおすすめプランとは?恋愛観や注意点までご紹介!

この記事は2020年07月時点の情報を参考にしています デートプラン

色白で美しい容姿のフランス人女性をデートに誘いたいけれど、どこに行けば良いのか悩んでいませんか?フランス人女性は愛情表現が豊かで、自由な恋愛観を持っているのが特徴です。そんな彼女たちが喜ぶデートプランをご紹介します。

色白で鼻が高く、スラリとした容姿を持つ美しいフランス人女性。

デートに誘いたいと思っていても、自分には高嶺の花だと簡単にあきらめてしまっていませんか?

日本と異なり、心がオープンで自由なイメージが強い国であるフランス。

そんなフランスで生まれ育った女性は、日本人とは違う恋愛観を持っているのです。

今回は、フランス人女性の恋愛に対する考え方や特徴を解説しつつ、デートするときのおすすめプランをご紹介します。

フランス人女性ならではの恋愛観を把握して、今より親密な仲になりましょう!

フランス人女性の恋愛観とは?

「自由・平等・友愛」を国の標語に掲げるフランス。

そうした国柄であるため、恋愛観も当然日本人とは大きく違っています。

では、フランス人女性は恋愛に対して、どのように考えているのでしょうか。

自由に恋愛を楽しむ


自由を愛するフランスの国民性から、恋愛も自由に楽しむのがフランス流。

フランス人女性は、特定の彼氏ができるまでは様々な出会いを求めます。

複数の男性とデートもしますし、同時進行で付き合うことも普通なのです。

じっくり時間をかけて「この人だ」と思える男性をパートナーに選びます。

フランスでは、そもそも「告白して付き合う」という文化がありません。

デートを重ね親密になって、自然に付き合うことが多くなっています。

日本では基本的に複数人と付き合うのは不誠実とされているので、この点は大きな恋愛観の違いと言えますね。

愛情表現が豊か


フランスは愛情表現豊かな国で、キスやハグは当たり前に行います。

特に恋人同士の関係ならば、外であろうが人前でも抱き合ってキスするのも平気です。

奥ゆかしい日本人女性とは大きな違いですよね。

言葉でもちゃんと愛情表現をするので、パートナーを呼ぶときも独特の表現をします。

  • Mon amour(モナムール):私の愛する人
  • Mon prince(モン・プランス):私の王子様
  • Ma chérie(マ・シェリ):私のダーリン

など、フランスには愛情表現の言葉がたくさんあることも特徴です。

結婚にはこだわらない


日本では、恋愛の末に結婚するカップルが大半です。

しかし、フランスでは結婚に重きを置かず、事実婚カップルが多い傾向にあります。

「好きな人と一緒に暮らすのに、形にこだわらない」ことがフランス流。

籍を入れずに子供を育てるカップルも珍しくないのです。

性に開放的


フランス人女性はキスやハグに積極的ですが、性に関しても開放的です。

日本では、何度かデートを重ねて親密度が上がってから告白。

それからキスをして、段階的に体の関係へと進展させますよね。

しかし、フランス人女性は1回目のデートでキスもOK!

インスピレーションがあれば、〜出会ったその日にベッドインしちゃうことも大いにありえます。

むしろデートが盛り上がっているのに、キスもしないと「自分に興味がないの?」と思われてしまうことも。

しかし体を許しても、心までは開かないのがフランス人女性の難しいところ。

キスや体の関係があっても、すぐに「恋人同士」とはなりません。

甘い夜を過ごしたあとでも、彼女は「付き合っている」と思っていないことも多いので注意しましょう。

冷めたらすぐ別れる


フランス人女性は、とても愛情深い人種です。

じっくりと男性の内面を見て、自分のパートナーを時間をかけて選びます。

一人の男性に決めた後は、熱が冷めにくく深い愛情でパートナーを大切にします。

しかし、その愛情が冷めてしまったら、すぐに別れます。

フランス人女性は自分に正直で、意見がハッキリしているからです。

日本人女性のように

「最近盛り上がらなくなってきた。倦怠期かな」
「彼氏に冷めてきたけど、情があって離れられない」

といった惰性や情で、ズルズルと付き合ったりはしません。

恋はいくつになっても現役


日本人の女性は、歳を重ねると「もう恋なんてできないわ」と諦めてしまいがち。

特に子供や孫がいる世代は、なかなか恋愛をしようという気持ちになりません。

フランス人女性は、いくつになっても自分を磨いて美しさをキープし、恋愛にも前向きです。

さらに、相手の内面性を重視するので歳の差も気にしません。

フランスでは10~20歳以上の年齢差カップルも、珍しくない傾向があります。

40代の日本人男性が、20代のフランス人女性を射止める可能性だって大いにありますよ!

フランス人女性とのデートにおすすめのプラン


フランス人女性はどのようなデートを好むのでしょうか?

フランス人女性に人気が高いデートプランを、5つピックアップしました。

ゆっくりできるディナー


フランスは世界の先進国の中でも、食事時間の長さはNo,1!

休日に家族での食事には3~4時間、友人を交えると5~6時間も食事に時間を費やします。

内容は、まずはアペリティフ(食前酒)タイムからスタート。

前菜→メイン料理→チーズ→デザート→コーヒーやディジェスティフ(食後酒)という順です。

ゆっくりと、ワインやシャンパンを飲み、会話を楽しみながら食事します。

フランス人女性をディナーに誘うなら、時間をかけて食事ができる金曜や土曜の夜にしましょう。

順番に料理がでてきて、ゆっくりできるお店がおすすめです。

また、日本のフレンチは本場フランスとは、内容がかなり違います。

意外にフランス人は日本料理が好きなので、和洋折衷のコースや、懐石料理の店を選ぶと良いでしょう。

カフェでランチ


食事にゆっくり時間をかけるフランス人ですが、それは食事を交流の場と考えているからです。

食事中は会話を重視し、友人や恋人とコミュニケーションを深めていきます。

食事デートをするなら、休日のカフェデートがおすすめ。

軽いランチやドルチェを食べ、お茶を飲みながらおしゃべりするだけで盛り上がります。

フランス人女性は話すことが大好きです。

ゆっくり食事と会話を重ねると、彼女のことを知れる良い機会になりますよ。

日本の名所


芸術の都といえばパリ。
フランス人は芸術文化になじみ深い人々です。

日本の芸術的な建造物や名所に、興味があるフランス人女性は多いでしょう。

しかし、留学や仕事で来ているフランス人女性は、日本の地理にはあまり詳しくありません。

日本の名所を案内してあげれば、とても喜ばれることでしょう。

世界的に有名な場所じゃなくても、日本らしい寺院や庭園など、和の趣を感じられる場所がおすすめです。

日本人には面白みがなくても、フランス人女性にとっては新鮮な体験になります。

名所ならではの、名物を食べられる飲食店や、休憩できる茶店も必ずリサーチしておきましょう。

散歩


実はフランス人のデートには、「散歩」が多いことをご存知ですか?

どこに行くわけでもなく、気ままにおしゃべりしながら歩くのがフランス人にとってのリフレッシュ。

健康にも良いし、コミュニケーションも深められるメリットがあります。

散歩デートに誘うなら、広大な敷地の緑地公園や、数々の花壇が並ぶ記念公園などがおすすめ。

散歩しながら景色を楽しみ、自然と会話が盛り上がる場所が良いでしょう。

ピクニック


多くのフランス人は、休日は家族や恋人と過ごします。

家で一日中食事と会話を楽しみますが、天気の良い日は家族でピクニックもします。

そのため、フランスでは晴れの休日には、公園には人が溢れかえることも。

故郷を離れて暮らすフランス人女性にとって、ピクニックは懐かしくもあり安らぎの時間を過ごせます。

ピクニックデートは、デートだからと気取る必要はありません。

ワインやパンやチーズ、サンドイッチなどを持って、芝生のある公園に出かけましょう。

食事と会話を楽しみ、芝生に寝そべってのんびり過ごすことで、自然と二人の距離も縮まるでしょう。

フランス人女性とデートするときの注意点


自由で愛情深いフランス人女性。

デートでは、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

日本人女性との対応とは大きく違ってくるので、あらかじめ心得ておきましょう。

自分の気持ちをハッキリ言う


日本人男性と交流があるフランス人女性が、口を揃えて言うこと。

それは、「日本人男性は何を考えているか分からない」です。

フランス人女性は、意思が強く、自分の気持ちに正直です。

当然、自分の思っていることは口に出して言うし、不満があれば反論します。

日本人は自分の考えを表に出さない傾向があるので、フランス人女性にはそれが理解できないのです。

日本人男性が照れて愛情表現ができないと、自分に興味が無いんだなと思われてしまいます。

フランス人女性には、ちゃんと言葉と態度でハッキリと気持ちを伝えましょう。

約束にこだわらない


日本人にとって、約束はとても大事なことです。

約束を破られると裏切られた気分になるし、約束を守らない人は信用できませんよね。

しかしフランス人にとって、約束はとても軽いものと考えています。

「約束はいつでも変更できる」という認識です。

例えば、デートで「〇〇に行こう」と事前に約束したとします。

しかしフランス人女性は、当日にさらりと「気分じゃないから△△に行こう」と言い出します。

一生懸命デートプランを練った男性にとっては、腹立たしく感じるのではないでしょうか。

フランス人女性と上手くデートをするには、約束にこだわらないことを意識しましょう。

事前にデートプランを練ったり、食事や映画などの予約をしたりしないようにします。

いつでも変更できるように、あくまでもざっくりとしたスケジュールにとどめておきましょう。

フランス人女性にとっては、どこでデートするかよりも二人で楽しく過ごすことが重要なのです。

暗黙の了解は通じない


フランス人女性に、日本人特有の暗黙の了解は通用しません。

例をあげると、

  • 食事の会計で奢ると言われても最初は遠慮する
  • 褒められても「そんなことないよ」と謙遜する
  • 言葉で伝えず空気で察してほしい行動をする
  • 拗ねたり焼きもちで本心を言わない

などが挙げられます。

フランス人女性は、言われたことや見たことを、素直にそのままとらえます。

日本人の美徳とされる謙遜や遠慮も通用しないので、自分の気持ちをストレートに表現するようにしましょう。

まとめ


フランス人女性をデートに誘うなら、

  • ゆっくりできるディナー
  • カフェでランチ
  • 日本の名所
  • 散歩
  • ピクニック

以上の5プランがおすすめです。

しかし、デートだからと言って、あれこれと細かく予定やスケジュールを組まず、気ままに楽しめるようにすることを忘れずに!

フランス人女性を上手くエスコートして、親密な関係になりましょう!