20代男性にマフラーを贈ろう!選ぶポイント&人気のマフラー10選

この記事は2020年09月時点の情報を参考にしています プレゼント

寒い冬から首元を暖めてくれるマフラーは、秋・冬には手放せないアイテムのひとつです。20代の男性へマフラーをプレゼントするなら、どんなタイプのものが喜ばれるのでしょうか。今回はそんなマフラーを選ぶときのポイントと、20代男性に人気のマフラー10選をご紹介します。

秋・冬のギフトに、マフラーのプレゼントを考えている人も多いと思います。

20代男性へマフラーを贈りたいと考えているなら、子供っぽさを感じさせないマフラーを選ぶのがポイントです。

防寒性だけでなく、トレンドを取り入れながらも、長く愛用できるものが喜ばれますよ。

今回は、20代の男性へプレゼントするマフラー選びのポイントと、人気のマフラー10選をご紹介します。

男性の首元をおしゃれに彩る、素敵な1本を見つける参考にしてくださいね。

マフラー選びのポイント


数あるマフラーの中から、相手の男性に似合うマフラーを見つけるのは難しいですよね。

まずは、マフラー選びのポイントから見てみましょう。

贈り相手の普段のコーディネートがワンランクアップするようなマフラーを選んでください。

ポイント①:ビジネスシーンで使えるマフラーを選ぶ


ビジネスマンの男性であれば、普段着に合うマフラーよりも、ビジネスシーンで使えるマフラーを選びましょう。

カジュアルなデザインよりも、シックで落ち着いたトーンのデザインが合わせやすいですよ。

ブランドのロゴが前面にアピールされているものや、派手なデザイン・カラーを取り入れているものは、ビジネスシーンや公の場では不適切となる場合があります。

社会人として、誰の目に留まっても好印象を持たれるデザインを選ぶことをおすすめします。

ポイント②:コートのカラーに合わせて選ぶ


普段着用しているコートのカラーが分かるのであれば、それに合わせたデザインやカラーで選ぶと違和感を感じさせません。

ただし、コートに合わせたマフラーは、暗いカラーになりがちなのが難点です。

そこで、若々しさあふれる20代の男性には、チェック柄やヘリンボーン柄などを取り入れるのがおすすめと言えるでしょう。

ポイント③:人気の色で選ぶ


男性に人気の色は、どんなファッションにも合わせやすいメリットがあります。

また、色によっては相手に与える印象が変わることもありますので、以下のトピックスを参考にしてみてくださいね。

ブラック

どんなファッションにも合わせやすく馴染みやすいブラックは、1本は持っておきたいカラーです。

ブラックは、高級感と知的な印象を演出します。

何色にしようか迷ったときは、ブラックを選んでおけばまず失敗はないでしょう。

ネイビー

ブラックに次いで人気のあるネイビーは、大人の男性こそ似合うカラーのひとつです。

落ち着いたイメージを与えてくれることから、フォーマルやビジネスシーンに合わせやすいです。

ツートンカラーやチェック柄のネイビーも、若々しく清潔感を感じさせてくれますよ。

グレー

グレーは、オンオフ両方の場面で使うことができる、万能なカラーです。

上品で、大人の雰囲気が漂う印象を与えます。

カジュアルなファッションだけでなく、スタイリッシュなファッションも引き立ててくれるカラーです。

ボルドー

ボルドーは、周囲に落ち着いた大人の印象を与えてくれるカラーです。

普段のファッションをおしゃれに魅せてくれるのも、ボルドーの魅力です。

モノトーンでは物足りない、ファッションのアクセントとしてマフラーを使いたい男性におすすめです。

ポイント④:素材から選ぶ


20代の男性には、素材にもこだわったマフラーをプレゼントしたいですよね。

次は、マフラーに使われる素材のなかでも、代表的なものを3つご紹介します。

カシミヤ

カシミヤは、中国・モンゴル・イランなどの高台に生息する、カシミヤ山羊の毛からできています。

1頭から取れる毛の量はおよそ150g~200gとわずかなため、マフラーに使われる素材の中でもっとも高級な素材です。

カシミヤは1本1本の繊維がとても細いため、肌に触れてもチクチクせず、なめらかな肌触りが特徴です。

軽量で保温性・保湿性・吸水性に大変優れているため、マフラーだけでなく、ニットや帽子などにも使用されています。

しかし繊維が細いため、お互いが絡み合い毛玉になってしまうデメリットがあります。

繊細な素材ですので、適度にブラッシング、風通しをすることで、長く愛用できますよ。

ウール

ウールは素材の中でも一番身近な存在で、セーターや手袋、靴下やスーツなどに使われています。

メリノ種の羊の毛から作られており、1頭からとれる毛の量はおよそ5kgです。

熱伝導率が低く吸湿性が高いため、体から発せられた熱を逃がさない保温性の高さが特徴です。

また、耐久性にも優れているので、毎日遠慮なく使いたい人にはおすすめです。

マフラーによって、洗濯機で洗えるもの・手洗いが必要なものがあります。

間違った洗濯方法は、縮みやごわつきの原因になりますので、洗濯表示を確認しお手入れする必要があります。

アンゴラ

アンゴラは、アンゴラウサギの毛からできており、ふわふわとした手触りが特徴です。

軽量で、保温性と保湿性が高く、シルクのような手触りで包み込んでくれます。

暖かさはウールの約3倍で、上品なセーターやカーディガン、手袋や帽子に使われています。

アンゴラは摩擦に弱い繊維で、こすれることで繊維が抜け落ちてしまいます。

そのため、丁寧に扱うことが長持ちするポイントで、こまめなブラッシングが必要です。

20代男性に人気のおすすめマフラー10選


人気のマフラーから1本を選ぶのは、とても悩みますよね。

20代の男性へプレゼントするマフラーは、高級なブランドが主張されているものより、良質な素材で長く愛用できるものを選ぶようにしましょう。

また、20代らしくトレンドを取り入れたマフラーもおすすめです。

ここからは、20代の男性に人気のマフラー10選をご紹介します。

おすすめ①:Paul Smith(ポール・スミス)


ポールスミスは、1970年イギリスで創立された、マルチカラーのストライプで有名なブランドです。

個性的なデザインでありながら、いつものファッションを、一段とおしゃれに魅せてくれるのがポールスミスの魅力です。

大人っぽさの中に、遊び心を取り入れたマフラーは、おしゃれに気を遣う20代の男性にぴったりです。

おすすめ②:Cashmee(カシュミー)


カシュミーは、明治20年に創立された老舗の毛織物会社である、『深喜毛織株式会社』の完全監修の元作られています。

カシミヤ100%で作られているカシュミーのマフラーは、使っていくうちにふっくらと柔らかい素材へと変化していくのが特徴です。

ビジネスシーンではもちろん、フォーマルな装いにも相性が良く、落ち着いた印象を与えてくれます。

おすすめ③:Drake’s(ドレイクス)


ドレイクスは1977年、マイケル・ドレイクとチャールズ・ヒル氏によって創立されたイギリスのブランドです。

1851年に創立された同イギリスの老舗ブランド「アクアスキュータム」のアクセサリーデザイナーを務めていたことでも有名です。

その洗練されたハイセンスなデザインは、20代~40代の幅広い男性から支持されています。

ビジネスマンの憧れでもあるドレイクスは、20代の男性をさらに大人に魅せてくれるアイテムです。

おすすめ④:TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)


タケオキクチは日本を代表するファッションデザイナー、菊池武夫によって1984年に創立されたブランドです。

スーツをはじめ、バッグや靴など数多くのビジネスアイテムを展開しています。

そのため、ビジネスシーンに相性のいいマフラーを見つけることができますよ。

トレンドを取り入れながらも、どんなシーンでも活躍するタケオキクチのマフラーは、20代の男性におすすめです。

おすすめ⑤:CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)


カルバン・クラインは1968年創立、アメリカを代表するブランドです。

1982年にアンダーウエアの販売を開始。

1994年には香水事業を展開し、『CK-one』は日本でも愛用者の多い香水として有名です。

コーディネートの幅を広げてくれるシンプルなデザインのマフラーが特徴です。

スタイリッシュなファッションが好みの20代の男性には、オンオフどちらも使えるアイテムになりますよ。

おすすめ⑥:Orobianco(オロビアンコ)


オロビアンコは1996年にイタリアで創立されたファクトリーブランドです。

創立当初はバッグの製作からはじまり、現在では財布やキーケースなど多くのアイテムを展開しています。

特に、素材からデザインまでこだわり抜かれたオロビアンコのバッグは、長く愛用できるとして、多くのビジネスマンからの高い評価を得ています。

そんなオロビアンコのマフラーは、流行りに流されない素材と機能性を重視する20代の男性におすすめです。

おすすめ⑦:Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフローレン)


ラルフローレンは、1968年アメリカで創立された、世界中で愛用されているファッションブランドです。

メンズアイテムだけでなく、レディース、キッズラインまでも展開されており、多くの世代に人気があります。

ラルフローレンのマフラーは、ブランドを主張しすぎない、さりげないロゴがポイントです。

長い歴史を誇るトラッドなデザインは、相手にきちんと感を与えてくれるマフラーです。

おすすめ⑧:Filomo(フィローモ)


フィローモのマフラーは『繊維の宝石』とも呼ばれる、内モンゴル産のカシミヤ山羊の毛を使っています。

軽くて暖かく、肌にしっとりと馴染むフィローモのカシミヤのマフラーは、冬のギフトに選ばれる人気ブランドです。

高級品とされるカシミヤ100%のマフラーが、低価格で購入できるのも嬉しいポイントですね。

シンプルなデザインだからこそ、カシミヤの高級感と魅力が引き立つマフラーです。

おすすめ⑨:Johnstons(ジョンストンズ)


ジョンストンズは、1797年に創立されたスコットランドを代表する最古の生地メーカです。

現在でも、素材選びから製造までを、全て自社の工場で行っています。

ジョンストンズのマフラーは、ユニセックスで使えるのが特徴で、カップルや夫婦で色違いを楽しむこともできますよ。

ジョンストンズの代名詞ともいえるタータンチェック柄は、地味になりがちな冬のファッションのアクセントとしておすすめです。

おすすめ⑩:matti totti(マッティトッティ)


マッティトッティは、悩んでしまうほどの豊富なカラーバリエーションが特徴の、カシミヤ100%のマフラーです。

プレゼントに選んだものの、つい自分用にも欲しくなってしまいそうですね。

20代であれば、TPOに合わせたファッションを求められることがあります。

素材の高級感があふれるマフラーは、ひとつ持っているだけで重宝しますよ。

ぜひ20代の男性に似合う素敵なカラーを見つけてくださいね。

まとめ


20代男性にプレゼントするマフラーを選ぶときは、以下の4点が大切です。

マフラー選びのポイント

    • ビジネスシーンで使えるマフラーを選ぶ
    • コートのカラーに合わせて選ぶ
    • 人気の色から選ぶ
    • 素材から選ぶ

そして、プレゼントにおすすめのマフラーには、以下の10点が挙げられます。

20代男性におすすめのマフラー10選

    • Paul Smith(ポール・スミス)
    • Cashmee(カシュミー)
    • Drake’s(ドレイクス)
    • TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)
    • CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)
    • Orobianco(オロビアンコ)
    • Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフローレン)
    • Filomo(フィローモ)
    • Johnstons(ジョンストンズ)
    • matti totti(マッティトッティ)

20代の男性へのマフラーは、その男性がつけているところや、よく使うシーンを想像しながら選ぶと良いですよ。

男性の首元をおしゃれにしてくれる、素敵なマフラーを見つけてみてくださいね。