音楽好きな30代男性にイヤホンをプレゼント!選ぶポイント&人気のイヤホン7選

この記事は2020年06月時点の情報を参考にしています プレゼント

30代男性にプレゼントをする際、あなたは何をポイントに選んでいますか? 30代男性に何をプレゼントすれば喜んでもらえるかわからないと悩んでいる方も多いと思います。そこで今回はイヤホンに焦点を当て、30代男性にイヤホンをプレゼントをするときのポイントと、人気の高いイヤホン7点をご紹介します。

30代男性へのプレゼント選びに、悩んだことはありませんか?

せっかくのプレゼント選びで失敗しないように、どんなアイテムを選べばいいのか、選ぶポイントは何か、事前にいろいろと知っておきたいですよね。

そこで今回は、30代男性へのプレゼントとして、イヤホンにスポットを当て、選ぶポイントや人気の種類・タイプをご紹介します。

こだわりの一品を贈って、音楽好きな彼にたっぷりと喜んでもらいましょう。

30代男性へプレゼントするイヤホンの選び方


イヤホンの用途は人によってさまざまです。

毎日の通勤時に音楽を聴く人、ラジオや英会話の音声を聴く人、ゲームのBGMを聴く人がいます。

こうした人たちのなかには、お気に入りのイヤホンを愛用している人もいるでしょう。
しかし、一方でイヤホンの種類などにこだわらず、携帯電話付属のイヤホンをそのまま使っている人も多くいるのです。

そのため、自分ではなかなか買わない高機能なイヤホンは、プレゼントで贈ると喜ばれます。

また、付属イヤホン以外をすでに使っている相手でも、基本的にイヤホンは買い替えることが多いので、いくつもらっても困るものではありません。

機能やデザインの種類、価格帯が幅広いイヤホンのなかから、相手の好みにぴったりな一品を見つけましょう。

ポイント①:デザイン


音楽を聴くためのアイテムであることから、機能性はもちろん重要ですが、色やデザインにも注目しましょう。

なかには、機能性よりもデザイン性を重視する人もいます。

イヤホンはファッションの一部と言われているため、相手の普段のコーディネートからシンプルなものが良いのか、派手なものが良いのかを選べるようになるのがベストです。

相手のファッションに合わないものを贈ると、使い勝手の悪さから使ってもらえなくなるおそれがあります。

ポイント②:品質や機能


品質や機能にこだわりがある相手には、デザインは二の次で品質を重視して選びましょう。

特に、相手が普段使っているオーディオ機器のメーカーのものを知っておくと良いでしょう。

音質にこだわる人には、ノイズキャンセル機能がついたイヤホンもおすすめです。

周囲の騒音を遮断して音楽を聴くことができるため、特に電車内での使用にぴったりです。

ポイント③:形状のタイプ


イヤホンの種類は大きく分けて2つあります。

  • カナル型:イヤーピースを耳栓みたいにはめ込むタイプ。高い密閉度から音漏れしにくいですが、長時間装着すると耳を痛める場合があります。
  • インナーイヤー型:耳介に軽く載せるタイプ。密閉されていないため開放感のある音質ですが、音漏れしやすいため音量には注意が必要です。

相手の好みや使うシーンに合った方を選びましょう。

ポイント④:使う場面を意識


相手がイヤホンをどういったシーンで使うのか考慮しておくことも大切です。

通勤時の電車内で使う場合は音漏れがしにくいもの、ゲームをプレイするときに使う場合は臨場感が味わえる高音質のものがおすすめです。

また、ジムやランニングで使う場合は安全性を重視して、運動中でも適度に周囲の音が入るものやワイヤレスを選びましょう。

ポイント⑤:予算


イヤホンの平均的な相場は約3,000~10,000円ですが、最も多く選ばれているのは、5,000円前後の価格のものです。

  • 安価なブランド:エレコム、オーディオテクニカ、JVCケンウッドなど
  • 高価なブランド:BOSE、Beats by Dr.Dre Studio、SHUREなど

機能性によっても価格は変わるので、相手が好む使い方を事前にリサーチしておくようにしましょう。

30代男性に人気なイヤホン7選!


これまでのポイントをおさえて選ぶことで、相手に合ったイヤホンを見つけられると思いますが、

「どんなイヤホンを選べばいいか全然わからない……!」

「人気の高いイヤホンを具体的に教えてほしい!」

と思っている方もいますよね。

ここからは、実際に30代男性から好評を得ているイヤホン7点をご紹介します!
ぜひ参考にしてみてください。

イヤホン①:SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット マイク付き


SONYは日本を代表する電機メーカーとして有名で、1979年発売のウォークマンが世界中で大ヒットとなりました。

オーディオ機器だけでなくVAIOやVIERA、Xpediaなど、さまざまな分野でもヒット商品を出しており、実績のあるメーカーです。

独自開発のデジタルノイズキャンセリング機能が搭載されています。

周囲の音を最大98%カットするため、騒音が気になる場所でも一瞬で自分の世界に浸ることができます。

付属のUSBケーブルでパソコンなどに接続して、簡単にUSB充電できます。

マルチペアリングに対応しているため、最大8台までの機器とペアリングすることができます。

多機能でありながら、2018年にはビジュアルグランプリを受賞した実績から、デザイン性にも優れていると言えます。

イヤホン②:Beats by Dr.Dre


Beats by Dr.Dreは2006年に、ヒップホップ界で影響力のあるドクター・ドレーと、レコード会社の会長であるジミー・アイオヴィンによって設立されたブランドです。

アーティストやオーディオファンからだけでなく、スーパーモデルやトップアスリートなど多くのセレブにも人気があります。

輪郭のはっきりした本格的なサウンドが特徴的です。

バッテリーはフル充電で最大8時間持続するため、外出先でも充電切れに困ることはないでしょう。

Fast Fuel機能を搭載しており、バッテリーの残量が減っても5分充電するだけで、約2時間の再生が可能です。

また、さまざまな大きさのイヤーチップが付属しているため、自分に合った装着感で使用できます。

さらにRemoteTalk機能を使うことによって、ハンズフリーでSiriの起動や音楽の操作、電話応答にも対応します。

イヤホン③:BOSE SoundSport 完全ワイヤレスイヤホン


アメリカで有名な発明家であるアマー・G・ボーズ博士によって、1946年にBOSEが創立されました。

「オーディショナー」というBOSEオリジナルのスピーカーが、サウジアラビアのモスクや日本の宮城スタジアムなど、世界各地の大きな施設で採用されています。

ケーブルがない完全ワイヤレス型で、StayHear+ Sportチップによって軽量化と外れにくさを実現しているため、長時間つけていても快適です。

音量に合わせて最適化するイコライザーなど、独自の音響設計によって音割れのない安定した迫力のあるサウンドが魅力です。

防水なので雨や汗にも強いので、トレーニングやランニングでの使用にぴったりです。

また、BOSE Connectアプリと連携することで紛失しても、イヤホンの場所を特定できます。

1度の充電で最大5時間の連続再生ができ、ケースをフル充電すれば2回分の充電ができ、約10時間の再生が可能です。

デュアルマイクの搭載によって、騒音が気になる場所でもクリアに通話できます。

機能性とデザイン性を兼ね備えていることも魅力で、ビジュアルグランプリを4つ受賞している実績があります。

イヤホン④:audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth マイク付き


東京都新宿で1962年に創立されたオーディオテクニカは、イヤホンだけでなく楽器やカラオケ機器、食品加工機械とさまざまな製品を作っています。

夏フェスでSUMMER SONICのバックサポートをしていたり、アメリカのグラミー賞ではマイクロフォンが使われていたりするなど、その性能は世界各地で認められています。

ハウジングに内蔵されているタッチセンサーで音楽操作や通話、音量調整ができるため、スマートフォンでの操作は不要です。

装着検出機能の搭載により、耳から外すと自動的に一時停止、つけ直すと自動で音楽が再生されます。

ヘッドホン単体だと連続約6時間の再生ができ、充電ケースと併用すれば最大約30時間の再生ができます。

ヒトの耳に沿ったラウンドフォルムと専用のイヤーピースで、優れた装着性と遮音性を実現しています。

イヤホン⑤:エレコム Bluetooth ワイヤレスイヤホン


昭和61年に創立されたエレコムは、大阪のOA家具メーカーです。

家電量販店ではパソコンやタブレット周辺機器、オーディオのアクセサリー製品でよく見かけますが、「周辺機器のイヤホン」を一番の得意分野としています。

5組の3Dイヤーアームと、3組のイヤーキャップが付属しているため、それぞれの耳に合わせてぴったりと装着できます。

小型ながらも力強く、クリアな音質とキレのある豊かな重低音がポイントです。

高機能なマイクの搭載により、高感度でクリアな音声通話を実現します。

超小型バッテリーにより、7時間の連続通話、7.5時間の連続音楽再生ができ、iPhoneと接続すれば画面でバッテリー残量の確認が可能です。

イヤホン部がマグネットになっているため、装着しないときは左右のイヤホンをくっつけてスッキリとまとめた状態で、首からかけておくことができます。

イヤホン⑥:SHURE ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ SE215 Special Edition


1925年にシドニー・シュア氏によって設立されたSHUREは、元はラジオの部品を販売していましたが、

小型軽量マイク「33N」の大ヒットにより、アメリカ中で有名になりました。

近年では、ワイヤレスシステムやモニターシステム、ヘッドホンなどがライブやイベントでよく使われています。

シュアのイヤホンは、耳にスッポリと入るイヤパッドが特徴的で、ノイズキャンセリング機能がなくても遮音性が高く、周囲の音を最大37デシベルまで遮断することができます。

これにより、臨場感あふれるサウンドと低音の響きが味わえるのです。

1度の充電で最大8時間の連続使用ができ、15分しか充電できなくても約2時間は再生が可能です。

また、他にはない着脱式ケーブルを採用しており、断線してもケーブルの交換のみで継続して使用することができます。

さらに目新しいスケルトンのデザインは、ビジュアルグランプリを3つ受賞しています。

イヤホン⑦:JVC HA-A10T-A 完全ワイヤレスイヤホン 防水仕様


本社を神奈川県に置くJVCケンウッドは、映像機器や音響機器などの無線メーカーです。

ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが2008年に経営統合し、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社となりました。

高い防水機能により汗や雨などに強く、使用後はそのまま水洗いができるため、常に清潔な状態で使えます。

しっかり耳にフィットする洗練されたデザインで、カジュアルな4色のカラーバリエーションから選べます。

ワンタッチの簡単操作で再生や通話、音量調整などができます。

内蔵バッテリーと充電ケースあわせて、最大約14時間の長時間連続再生ができるうえ、15分のみの充電でも約1時間の連続再生が可能です。

まとめ

30代男性にイヤホンをプレゼントするときのポイントは、

  • デザイン
  • 品質や機能
  • 形状のタイプ
  • 使う場面を意識
  • 予算

の5つです。

相手の好みや使うシーンによって適したものが変わるので、いざ選ぶとなるとなかなか難しいですが、事前に相手のライフスタイルを知っておけば心配ありません。

派手すぎるデザインを選ぶと、使いにくいと思われてしまう可能性があるので、どうしても迷ったときには、シンプルで万人受けするものを選びましょう。

また、具体的な人気アイテムとしては、

  • SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット マイク付き
  • Beats by Dr.Dre
  • BOSE SoundSport 完全ワイヤレスイヤホン
  • audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth マイク付き
  • エレコム Bluetooth ワイヤレスイヤホン
  • SHURE ワイヤレスイヤホン BT1シリーズ SE215 Special Edition
  • JVC HA-A10T-A 完全ワイヤレスイヤホン 防水仕様

以上の7点が挙げられます。

高機能かつ素敵なイヤホンを彼にプレゼントして、より充実した音楽タイムを過ごしてもらえると良いですね。