彼の好感度を上げたい!映画デートで失敗しないための注意点5選を解説!

この記事は2020年09月時点の情報を参考にしています デートプラン,テクニック,ファッション/コーデ

カップルの定番デートとなっている映画デートですが、気を抜いてしまうと意外な落とし穴があります。無意識的にしてしまっていることも多いのではないでしょうか。ダメ女と思われないためにも、映画デートで女性が気を付けるべきことをしっかりとおさえておきましょう!

付き合いたてや、付き合う前のデートでも定番なのが、映画デートです。

そんな手軽で人気の映画デートにも、実はちょっとした落とし穴があることをご存知でしょうか?

気になる彼からの好感度を上げるために、できる女性が気をつけているマナーと注意点をチェックしておきましょう。

映画デートのメリット


映画デートの最大の魅力は、会話の話題に困らないことでしょう。
初めての相手やまだ慣れていない相手とのデートでは、なんだか緊張してしまって話が止まってしまうこともしばしばありますよね。

出会ってから日が浅いと沈黙が気まずいと感じてしまうことも多いです。

しかし、映画デートであればそんな心配もありません。

映画を観ている最中には会話は必要ありませんし、終わってからは感想を言い合うなど自然と会話が生まれます。
また、映画館の暗さや隣に座る距離感で、ちょっとしたドキドキ感が味わえるのもいいですね。

どんな映画を見たら良いの?見るべきジャンルは?


ジャンルは基本的にどんなものでもOKです。
ただし、最低限お互いに苦手な分野は確認しておくようにしましょう。

王道ですが、やはりラブストーリーが一番おすすめです。
ロマンチックなシーンでキュンとしたり、ハッピーエンドであれば優しい気持ちになることができます。

また、意外なジャンルと思う人も多いかもしれませんが、アクションもおすすめの1つです。

映画館ならではの大画面・大迫力で盛り上がれるでしょう。
さらに、ハラハラする展開や、ときには怖いシーンなどもあるので、2人の仲によっては自然と手をつなぐことができるのも嬉しいポイントです。

映画デートでやってない?ありがちな失敗5選


当たり前だと感じる人も多いと思いますが、映画デートで最低限気をつけるべきポイント5選を以下にまとめてみました。

これから初めて映画デートに行く方も、すでに把握済みの方も、今一度チェックしておきましょう。

失敗例①:スマホをいじる


これは基本中の基本とも言えるマナーですが、最近はスマホ依存症といった言葉もあるほどスマホを手放せない人が多くいます。

当たり前の話ですが、映画鑑賞中にスマホをいじっていれば常識のない人と思われてしまいます。

マナーモードにしていても、電源が入ったままだと通知で画面が光りますし、可能な限り電源はオフにするようにしましょう。
また、どうしても緊急な連絡が入る可能性がある場合には、事前に彼に伝えておくと理解してもらえます。

必ず上映中の館内から出て外で対応するようにしましょう。

失敗例②:うるさくしゃべる


気になる彼とのデートとはいえ、今は映画の鑑賞中です。
映画を見ていて彼に言いたいことがあったとしても、話しかけるのは控えましょう。
周囲のお客さんから顰蹙を買うと、彼にも迷惑になってしまいます。

映画の感想をすぐに言いたくなってしまう気持ちもわかりますが、映画館を出てからお茶でもしながらゆっくりおしゃべりするのがおすすめです。

そういった時間も映画デートの醍醐味のひとつになりますよ。

また、面白いシーンでの笑い方にも気を使い、常に上品な態度でいることを忘れずに。

失敗例③:寝てしまう


眠くなってしまうのは生理現象なので仕方ないことですが、映画デートの際には要注意です。
特にあまり興味のないジャンルだったり、予想外につまらない映画だったりした場合では、その危険度はさらに上がります。

映画館の暗闇のなかでも、意外と隣の人にはバレてしまいます。
前日は夜更かしせずに十分な睡眠をとっておくようにしましょう。
疲れが残っていると眠くなってしまうリスクが高まります。
また、疲れているときは映画デートをしないというのも寝てしまう状況を回避する方法の一つです。

せっかくのデート中に寝てしまっては、彼につまらないのかな?と気を使わせてしまいます。

失敗例④:座り方がだらしない


いつもは気を付けているものの、気を抜いてしまうとつい足を広げてしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、女性として足を広げて座るのは彼に悪印象を与えます。

暗闇だからといって油断していると、だらしない女だと思われてしまいます。
上映中も常に上品な女性でいることを心がけてください。

また、足を組むくせがある人も注意です。
映画館は通路が狭く、足を組んでいると通り道をふさいでしまいます。
足を組みかえる動作で、前の人の座席を蹴ってしまう可能性もありますよね。

映画館はもちろんのこと混雑している電車内などでも、足を組むことを嫌がる男性は意外と多いものです。
無意識にやってしまうことも多い動作なので、意識的に気を付けるようにしましょう。

失敗例⑤:上映中にお手洗いに行く


これも眠くなるのと同様に生理現象なので仕方ない側面もありますが、あまり良いことではありません。
せっかく映画を観に来たのに、上映中に席を立ってしまってはもったいないですよね。

また、少しの時間とはいえど、周りで鑑賞しているお客さんの視界を遮ってしまうことになります。
映画を観る時は事前にお手洗いを済ませておくのが必須です。
また、お手洗いが近いことを自覚している方は、あまりドリンクを飲みすぎないように気を付けましょう。

せっかく上映前にお手洗いに行ったのに、飲みすぎてまたお手洗いに行きたくなってしまったのでは、気を付けた意味がなくなってしまいます。

まとめ


映画デートでダメ女がやってしまいがちな失敗例は以下の5つです。

  • スマホをいじる
  • うるさく話しかける
  • 寝てしまう
  • 座り方に注意していない
  • 上映中お手洗いに行く

定番の映画デートとはいえ、心当たりはありませんでしたか?
無意識にやってしまっていることも多いかもしれませんので、あらためて注意しておくことが大切です。

ぜひ次のデートでは今回ご紹介したポイントを意識して、ダメ女を卒業しましょう!