彼女を嫉妬させる8つのテクニック!嫉妬させるときのポイント&注意点

この記事は2020年10月時点の情報を参考にしています テクニック

彼女の自分に対する愛情を確かめたい、そんな時は彼女を嫉妬させるのも1つの方法です。彼女の嫉妬心をあおれば、彼女自身、あなたへの思いを再確認するでしょう。今回は、そんな彼女を嫉妬させるテクニックをご紹介します。彼女を嫉妬させるメリットや注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

彼女に愛されているのか分からず、不安を感じてはいませんか?
「彼女に愛されている」と自信を持つことができれば、付き合っていくうえでの不安もなくなりますよね。

彼女が自分に嫉妬してくれたら、自分への愛情を再確認することができます。
そこで今回は、クールな彼女を嫉妬させるテクニックについてご紹介します。
また、彼女を嫉妬させることのメリットや、嫉妬させるときの注意点も解説していますよ。
彼女を嫉妬させるテクニックを覚えて、彼女の気持ちを再確認するための参考にしてくださいね。

SPU スタイルアップ便

彼女を嫉妬させるのはいいことなの?嫉妬させる3つのメリット


彼女を意図的に嫉妬させることに不安を感じる人もいるでしょう。
しかし、嫉妬させることでデメリットばかりが生まれるわけではありません。
やり方を間違えなければ、メリットが生まれる場合もあるのです。
そこでここからは、彼女を嫉妬させる3つのメリットについて解説していきます。

メリット①:彼女に危機感を与えることができる


彼女を嫉妬させれば、
「このままでは、彼氏がほかの人にとられてしまうかもしれない」
という危機感を与えることができるでしょう。
特に、彼女が「彼氏がいて当たり前」という意識でありがたみを忘れている場合や、浮気傾向がある場合に効果的です。

「彼氏を失うかもしれない」
という危機感を持てば、彼女も焦って言動を改めてくれるでしょう。
改めて、あなたの大切さに気付いてくれるかもしれませんね。

メリット②:マンネリ化した関係が再び燃え上がる


付き合う期間が長くなると、関係もマンネリ化しがちです。
嫉妬は、そんなマンネリ解消のためのスパイスになるでしょう。
お互いに愛情が冷めつつあったとしても、嫉妬がきっかけで「好き」という感情が再び燃え上がるかもしれません。
付き合い始めのころのような、ドキドキやときめきを感じられるかも……?
これまで以上に二人の絆が深まる可能性もあるでしょう。

メリット③:彼女の独占欲をかきたてられる


嫉妬した女性は、
「彼氏には私しかいない」
「私だけの大切な人」

というように、独占欲をかきたてられます。
もっと彼女に自分のことを好きになってほしい、夢中になってほしい人にとっても、適度な嫉妬はメリットになると言えます。

彼女を嫉妬させるときの注意点


自分の思うままに行動してしまうと、彼女からの信頼を失ったり、浮気を疑われたりする可能性もあります。
彼女を嫉妬させるときは、これから紹介する注意点をしっかり押さえておきましょう。

注意点①:やりすぎ注意!


「もっと彼女が嫉妬するところを見たい」
「たくさん嫉妬してほしい」
といった気持ちから、つい頻繁に嫉妬させようとしたり、嫉妬させるための行為がエスカレートすることがあります。

しかし、やりすぎは禁物です。

最初のうちは素直に嫉妬してくれていた彼女も、次第に怒りの感情を抱いたり、あなたへの不信感を募らせたりするでしょう。
彼女の性格と反応を見て、ほどほどのところでやめましょう。

注意点②:周りに迷惑をかけない


「女友達の○○ちゃんにアタックされている」
「後輩の○○さんに仕事の相談をされたから、今度二人で食事に行く」
など、実際に相手の名前を出すときは、くれぐれも相手の女性に迷惑がかからないようにしましょう。

というのも、彼女がその女性に文句を言いに行ったり、危害を加えたりする可能性もゼロではないためです。
誰かにお願いして協力してもらう場合は、その相手に迷惑がかからないよう配慮しましょう。

注意点③:嫉妬してくれないからといって怒りをぶつけない


嫉妬させようとアピールしているのに、彼女がなかなか嫉妬してくれない……なんてこともあるかもしれません。
そんなときでも、彼女に怒りをぶつけるのはNGです。

彼女に対して「もっと嫉妬してほしい」、「自分のことをたくさん愛してほしい」と思うのは悪いことではありません。
しかし、相手から必ずしも求めたとおりの答えが返ってくるとは限らないのです。
嫉妬作戦がうまくいく場合ばかりではないことを理解しておきましょう。

彼女を嫉妬させるテクニック8選


ここまで、彼女を嫉妬させる前に知っておきたいポイントを解説してきました。
ここからは、いよいよ本題の彼女を嫉妬させるテクニックについてご紹介します。

「嫉妬させようとしている」感が見え透いていると、かえって彼女に嫌われてしまうかもしれません。
ここからご紹介するのは、彼女に悟られることなく自然に嫉妬させるためのテクニックです。
ぜひ、彼女との会話などで実践してくださいね。

テクニック①:ほかの女性を引き合いに出す時は1人に絞る


彼女を嫉妬させたいあまり、つい「色々な女性から言い寄られている」と自慢気にアピールする人もいるでしょう。

しかし、色々な女性から言い寄られてまんざらでもない男性の様子を見て、彼女は
「それって、やっていることは浮気じゃない?」
と感じてしまう可能性があります。

嫉妬させるどころか、浮気を疑われてしまう可能性もあるので、あまり多数の女性を引き合いに出すことはおすすめできません。
会社の後輩や女友達など、1人に絞った方が嫉妬されやすいでしょう。

テクニック②:「まったく連絡しない」はNG


彼女を嫉妬させようとして、LINEやメールをあえて返信しない人もいますね。
しかしまったく連絡しないと、かえって逆効果な場合もあります。

人によっては、『まったく連絡がない=自分に興味がない、気持ちがなくなった』と感じてしまうでしょう。
もちろん駆け引きの1つとして有効な手段ではありますが、基本的には返した方が好印象です。

連絡を相手のペースに合わせず、自分が返したいときに返信する程度にとどめると、彼女も
「最近返信が遅いけど、どうしたのかな」
「もしかして、ほかに優先したいことがあるのかな」
と嫉妬心を抱いてくれるかもしれませんね。

テクニック③:「告白された報告」は結果とセットで伝える


彼女を嫉妬させようと、「○○さん(彼女以外の女性)に告白されたよ」とアピールする男性もいるでしょう。
確かに、ほかの女性も彼氏のことを狙っていると思えば、彼女も嫉妬心を抱くかもしれません。

しかし告白された話だけでは、彼女も「その結果、どうなったの?」」と気が気ではありません。
彼女を嫉妬させることが目的ですが、告白されたと打ち明けるだけでは、ただの自慢にとられてしまう可能性があるのです。

「告白されたけど、ちゃんと断ったよ」というように、結果もセットで報告することを心がけてください。
彼女としても、嫉妬したまま終わるのではなく、安心できるでしょう。

テクニック④:言葉より表情で「ほかの異性への好意」をアピールする


態度や表情で、ほかの女性への好意をさりげなく表現する方法もおすすめです。
例えばデート中、「他の女性と連絡している」と言葉にはしないで、嬉しそうにスマホをチェックしたりしてみましょう。

言葉であれこれ嫉妬させようとすると、わざとらしさが出てしまう場合があります。
態度で表現することで、より自然に、さりげなく彼女を嫉妬させることができるのです。

彼女としても、言葉でハッキリ言われたわけではないので追及しにくいでしょう。
とはいえ、心の中では激しい嫉妬の炎を燃やしているかもしれませんよ。

テクニック⑤:元カノとのエピソードは「自然に」入れ込む


「元カノと今でも連絡を取っている」
「元カノはこんなことをしてくれた、あんなこともしてくれた」
と、元カノを引き合いに出して彼女を嫉妬させようとする男性もいるでしょう。

しかし、彼女からすると
「元カノと自分は違う人間なのに、比べられても困る……」
「今は今じゃない?」
と、感じることもあるでしょう。
場合によっては、嫉妬よりも怒りを買ってしまうかもしれません。
あからさまな比較は逆効果と言えます。

元カノの話をするときは、「話の流れで自然と出てしまった」という雰囲気を出しましょう。
「昔、元カノに教えてもらった」
「そういえば元カノと付き合っていたとき……」
というように、「元カノは○○だったのに」と比較するのではなく、エピソードトークにとどめることをおすすめします。
エピソードトークであれば、意図的に嫉妬させようとしているとは思われにくいでしょう。

テクニック⑥:アプローチ自慢ではなく「困っている」と相談する


ほかの女性にアプローチされたことを自慢するのではなく、

「彼女がいると伝えているのに、強引にアプローチされて困っている……」
「仕事で関わる機会のある人だから、断るに断れない……」

というように、彼女に相談する体で話をすると、わざとらしさが出にくいでしょう。
彼女としても、困っているあなたを助けようと、嫉妬心を抱きつつも相談に乗ってくれるはずですよ。

テクニック⑦:軽く嫉妬させたいなら「身近な人」より「遠くの人」


彼女に少しだけ嫉妬させたい場合は、身近な人ではなく、芸能人など遠くの人を引き合いに出すといいでしょう。
身近な人だとリアリティがありすぎて、本気で浮気を疑われてしまう可能性があるからです。

「芸能人の○○がかわいい」程度なら、ただ好みを言っているだけなので浮気までは疑われないでしょう。
ただし頻繁に褒めるのは、彼女を怒らせてしまう可能性があるのでNG。
テレビCMに出ているのを見た時など、たまに言うくらいがちょうどいいでしょう。

テクニック⑧:デートの誘いを断る時は「埋め合わせ」を忘れずに


彼女を嫉妬させたいときは、誘いを断るだけではなく、きちんとフォローすることも大切です。

デートを断って嫉妬させたいなら、
「その日は予定があるけど、××日なら空いているよ!」
など、忘れずに埋め合わせをしましょう。
フォローの一文を加えるだけで、わざと嫉妬させようとしていることがバレにくくなるでしょう。

まとめ

彼女を嫉妬させるというと、少し抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし彼女を嫉妬させることで、いくつかメリットもあるのです。

  • 彼女に危機感を与えることができる
  • マンネリ化した関係が再び燃え上がる
  • 彼女の独占欲をかきたてられる

ただし、彼女を嫉妬させるときは、次の点に注意しましょう。

  • やりすぎない
  • 周りに迷惑をかけない
  • 嫉妬してくれないからといって怒りをぶつけない

計算どおりにいかなかったとしても、やりすぎてしまっては、かえって彼女に嫌われてしまうかもしれません。
彼女の性格や反応を見たうえで、臨機応変に対応することが大切ですよ。

また、彼女を嫉妬させるときに使えるテクニックは次の8つです。

  • ほかの女性を引き合いに出す時は1人に絞る
  • 「まったく連絡しない」はNG
  • 「告白された報告」は結果とセットで伝える
  • 言葉より表情で「ほかの異性への好意」をアピールする
  • 元カノとのエピソードは「自然に」入れ込む
  • アプローチ自慢ではなく「困っている」と相談する
  • 軽く嫉妬させたいなら「身近な人」より「遠くの人」
  • デートの誘いを断る時は「埋め合わせ」を忘れずに

これらのテクニックを使えば、さりげなく彼女の嫉妬心をあおれるでしょう。
ぜひ、今回ご紹介したテクニックを駆使して彼女を嫉妬させ、いつまでもあなたのことが大好きで仕方ないといった、ラブラブな関係を築いていってくださいね。