誠実なふるまいを心がけよう!医師の女性と結婚するための出会い方・口説き方を徹底解説!

この記事は2020年08月時点の情報を参考にしています テクニック

医師の女性との出会いや恋愛、結婚を希望している男性におすすめの内容を紹介します。高学歴で高収入の医師の女性に引け目を感じてはいけません。医師という職業の前に、相手は1人の女性です。ちょっとしたテクニックさえ使えば、結婚も夢ではありませんよ。

医師の女性の大多数は高収入、高学歴です。
そのため、よほどスペックが高い男性でなければ付き合えないと思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、医師の女性と交際、結婚した男性のなかには、実は一般的な会社勤務の男性もいるのです。

そこで今回の記事では、そんな医師の女性との出会い方・付き合い方・告白方法をご紹介します。

「どうせ自分なんか」とあきらめず、高スペックの女性と付き合い、結婚するチャンスを掴んでみませんか。

医師の女性と出会うには?


あなたの周りに医師の知り合いはいますか?

もしかしたら、進学校出身の人や高学歴の人なら知り合いにいるかもしれません。
しかし、なかには「同級生や親戚にも医師は1人もいない」人もいるはずです。
そんな医師とのつながりがゼロの人でも、医師の女性と知り合う方法はあります。

まずは、医師の女性と出会える方法をいくつかご紹介するので、自分にもできそうなやり方を実践してみてください。
あきらめずにトライしていれば、ステキな出会いにつながるはずですよ。

①頭の良い同級生とつながる


学生時代に頭が良かった友人のことを思い出してみましょう。
なかには、薬剤師や医師など医療関係の仕事に就いている人がいるかもしれません。
SNSで名前を検索してみると、同級生は意外と簡単に見つかります。

同級生を見つけたら「仲間内でミニ同窓会をしよう」と提案して、医療関係の仕事に就いている友達を誘ってみましょう。
なお、怪しまれないように、共通の友人や、さまざまなタイプの友人も呼ぶようにしてください。

同窓会の最中に親しく話せなくても、連絡先さえ交換できれば大丈夫です。
そして、「この間はありがとう」と後日連絡して、そこから少しずつ距離を縮めましょう。

ポイントは、いきなり「医師の女性を紹介して!」とがっつかないこと。

恋愛の話になったときや、相手から何か頼まれごとをされたときに、「ダメ元で聞くけど、女性のお医者さんの知り合いとかいないの?」と訊いてみましょう。
また、お互いに交友関係が広いタイプであれば、「お互いの知り合い同士で合コンをしよう」と提案してみるのもおすすめです。

すぐに医師の女性とつながれなくても、連絡先をゲットすれば一歩前進と考えておきます。
あきらめず、交友関係を広げ続けましょう。

②リサーチ力を高める


身内や友達に女性医師を持つ人が、自分の職場にいる可能性もあります。

なので、今まであまりしゃべったことがないタイプの先輩や後輩とも、なるべく交流を持ちましょう。

ある程度話すようになってから、家族の話や友達の話をしつつ医療関係の仕事に就いている人がいないかどうか、さりげなくリサーチしてみてください。
また、「身内に歯医者とか医者がいる人ってうらやましいよね」と話題を振ってみるのもおすすめです。
身内や知人に医師がいる人なら、そこで「うちは従姉妹が医者ですけど……」などと教えてくれるかもしれません。

③結婚相談所を利用する


出会い系サイトのプロフィール欄には、職業を記入する項目があります。
しかし、そこに「医師」と書いてある女性が本物の医師なのかどうか見極めるのは難しいでしょう。
なかには、職業を偽っていたり、サイトのサクラであったりする可能性もあるので注意してください。

不安な人は、書類などで職業や収入の確認を行っている婚活サイトや結婚相談所を利用するようにしましょう。

医師との出会いに限定した婚活サイトのなかには、入会費などが高額なものや、入会するための条件が厳しいものもあるので、自分のスペックに合ったサービスを選ぶ必要があります。

そのため、あらかじめ口コミや入会条件を細かくチェックして、自分に合ったサービスを見つけましょう。
お金や手間はかかりますが、確実に出会える方法と言えます。

④趣味仲間を増やす


医師とつながれそうなルートがゼロの男性は、趣味仲間を増やすのがおすすめです。
医師の女性にも、ランニング、ジムなどのスポーツ系、吹奏楽やゲームなどのインドア系など、いろいろな趣味を持った人がいます。

うまく出会えなくて悩んでいるときは、一度まったく関係なさそうな趣味の世界にのめり込んでみましょう。

そして、このときの重要なポイントは、趣味を大人数で楽しむことです。

1人きりで自室で趣味を楽しんでいては、出会いにつながりません。
一見インドアに見える趣味でも、オフ会などに頻繁に顔を出して、1人でも多くの人と出会うようにしましょう。

男性しかいないオフ会であっても、連絡先を交換しておけば次の出会いにつながる確率が上がります。

その場に医師の女性が参加していれば一番ですが、趣味仲間の家族やその友人・知人に医師の女性がいる可能性も考えられます。

なので、男性しかいなくても、露骨にへこんだり、機嫌を悪くしたりしないようにしましょう。

医師の女性と付き合うための口説き方とは?

医師の女性となんとかつながりを持てたとしても、すぐに付き合えるとは限りません。
医師の女性に適した口説き方があるのです。

そこでここからは、医師の女性を落とすときにおすすめの口説き方を解説します。

口説き方①:自分のスペックを正直に話す


医師の女性は高学歴で高収入な人がほとんどです。

男性のなかには、そんな女性と自分のスペックを比べてしまい、自分に自信が持てない人もいるかもしれません。

しかし、だからと言って相手よりも学歴や収入が低いことを気にしてしまうと、対等な関係が結べなくなります。

なので、引け目に感じたり、ウソのスペックを言ったりせずに、今の自分のスペックを正直に話すようにしましょう。

医師の女性のなかには、自分の収入で十分に生活ができるので、彼氏や結婚相手の収入にこだわりを持たない人もいます。

中途半端にウソを伝えたりすると、信頼を失う原因になりかねません。

医師の女性を落としたいときは、自分の状況を正直に伝えることが大切です。

特に医師の女性と結婚したい場合は、収入や学歴を偽っても、いずれバレてしまう恐れがあります。
真剣な交際をしたいなら、嘘は言わないようにしましょう。

口説き方②:相手の都合に合わせる

医師の女性は忙しく、休みも不規則なスケジュールであることが多いです。
そのため、会いたくてもなかなか会えないといった事態になりやすいと言えます。

それでも医師の女性と付き合いたいなら、相手の都合に合わせるようにしてください。
「〇日は会えるかな?」よりは「休みの日っていつかな?」「会える日を教えて」と訊きましょう。

決して「〇日だったら都合が良かったのに」「平日しか休み取れないの?」などと自分本位な気持ちを言ってはいけません。
多忙ななかで、自分のために時間を作ってくれただけでも感謝するのが大事です。

まして相手と結婚したいと思っているのなら、付き合ったあとも、結婚したあとも「多忙な女性に理解がある男性」でいる必要があります。

付き合う前に、予定が合わないことに対して少しでも不満をこぼすと、「この人とは付き合えない」「結婚生活は過ごせない」と相手を不安にさせてしまうかもしれません。

医師の女性と結婚したいなら、相手の都合を第一に考えるようにしましょう。

口説き方③:無理なデートプランを組まない


なかなか医師の女性と出会えなかった男性は、いざ医師の女性と出会えると、「ここで決めないとあとがない」などと焦りやすくなります。
その結果、少しでも良いところを見せようと、毎回プレゼントを渡したり、背伸びしたデートプランを実行したりしがちです。

しかし、結婚を意識した交際を続けたいのなら、無理なデートプランは禁物。
たとえば、慣れない高級店で行動が不自然になってしまったり、緊張感から思わぬミスを起こしたりしてしまう可能性があります。
プレゼント作戦も、続かなくなったときに、相手に不安感を与える原因になってしまうかもしれません。

仮に相手と結婚した場合には、何十年も一緒に過ごす人生のパートナーとなるのです。
自分のカッコいいところを見せたい気持ちも大事ですが、それ以上に、相手も自分も自然体で過ごせるかどうかを大切にしてください。

以上を踏まえると、デートプランは、自分が普段行き慣れているところや、おいしいと感じた飲食店、話題になっているお店などで十分と言えます。
誕生日などの特別なときだけ、相手と相談をしながら、少し背伸びしたデートプランにするのがおすすめです。

口説き方④:相手のお金をアテにしない


相手の女性のほうがあきらかに稼いでいたとしても、「おごってもらおう」「高いプレゼントをもらおう」とアテにするのはNGです。
自分の収入に見合ったデートプランを組んで、相手の分もスマートに支払ってくれる男性のほうが好印象を持たれます。

ここで相手の女性がおごるよと言ってくれても、あえて「お願いします」ではなく「じゃあ、次はお願いします」と伝えましょう。
そして、次のデートでは「忙しいなか来てくれたから、これぐらい払わせて」と言って、女性には支払いをさせないでおくのです。

もちろん、相手の女性が「おごられるのは嫌」「絶対に払う」「割り勘じゃないと、もう会わない」と考えているタイプの場合は、相手の女性に合わせてください。
相手の女性が「私のほうが稼いでるからいいよ」と言ったとしても、毎回ごちそうになるのだけはやめましょう。

医師の女性を口説くときは、相手の女性が財布を持ってきていない想定でふるまってください。
相手のお金をアテにしていない態度を貫いておけば、あなたへの信頼感は高まっていくでしょう。

口説き方⑤:とにかくマメに行動する


医師の女性は多忙なので、なかなか会えないだけでなく、連絡が途絶えてしまうことも少なくありません。
相手が会社勤めの女性なら、「どうして、返事をしてくれないんだろう?ほかに好きな人がいるのかな」と不安に感じるかもしれません。

しかし、医師の女性の場合は、多忙なため返信をしようとしていたら深夜になっていたり、仕事中に来た連絡をチェックしきれていなかったりすることがあり得ます。

医師の女性を落としたいなら、相手から返事がなくても、それをとがめるような言動はしないのがベストです。

また「僕は夜遅くても起きていることがあるので、時間を気にせず連絡してくださいね」とあらかじめ伝えておきましょう。

そして、女性から連絡が来たときは、マメに返信をしてください。
多忙な女性に合わせて、どこまでマメに行動できるかがポイントです。

「どうして俺ばっかり、向こうの都合に合わなきゃいけないんだ」「めんどくさい」と思うような男性は、医師の女性との恋愛は控えたほうが良いかもしれません。

しかし、それでも本気で医師の女性と付き合いたい、結婚したいと思うなら、今までの恋愛ではマメに行動したことがなかった男性も、がんばって実践をしてみましょう。

口説き方⑥:気持ちはストレートに伝える


医師の女性のなかには、学生時代は勉強漬け、医師になってからは忙しすぎで、あまり恋愛をしたことがない人もいます。
恋愛経験が少ないと、回りくどいアプローチではこちらの思いに気付いてもらえません。

ある程度、信頼関係ができてきたと感じたら、ストレートに告白するのがおすすめです。

忙しいことに理解を示した上で、「〇〇さんのことが好き」と伝えましょう。

ここで、いきなりの告白に相手が驚いていたら、「返事はいつでもいいよ。どちらにしても今までの関係は続けていきたい」と伝えるようにします。
そして、告白のときは、相手の目をちゃんと見てください。

医師の女性を落とすときには、「誠実さ」が大きなポイントです。

恥ずかしさをまぎらわそうとして、スマホを見ながらの告白や、運転中の告白などはおすすめできません。

仮に相手からすぐに返事をもらえなくても、焦らずに今まで通りの関係を続けましょう。
あなたのことを好きか嫌いか考える以前に、仕事が忙しくて恋愛にかまけている状況ではないのかもしれません。

急に会ってもらえなくなったり、音信不通になったりしなければ、明確なNOではないと判断して、少しずつお互いの距離を縮めるようにしましょう。

まとめ

医師の女性と出会いたいなら、

  • 頭の良い同級生と繋がる
  • リサーチ力を高める
  • 結婚相談所を利用する
  • 趣味仲間を増やす

これら4つのポイントを意識して行動しましょう。

女性の職場である病院での出会いもありますが、自分自身が病院に出入りする職業だったり、病気やケガで入院や通院をしないと、なかなか出会えません。
自分の身の回りにある人脈から攻めていけば、意外なルートで女性の医師と出会える可能性もあるでしょう。

時間はかかるかもしれませんが、あきらめないことが肝心です。

そして、医師の女性を口説くときは、

  • 自分のスペックを正直に話す
  • 相手の都合に合わせる
  • 無理なデートプランを組まない
  • 相手のお金をアテにしない
  • とにかくマメに行動する
  • 気持ちはストレートに伝える

上記6点がポイントです。

特に「誠実さ」「マメさ」「収入や学歴差を引け目に感じない」ことを、常に心掛けてください

「高嶺の花」だと思い込まずに、等身大の自分で誠実にアタックしてみましょう!