理系の女性を楽しませる方法とおすすめデートプラン

この記事は2020年03月時点の情報を参考にしています デートプラン

理系の女性は、とても賢くて硬いイメージがありますよね。どんな風に接すれば良いのかわからず、なかなか近づけない男性も多いでしょう。そこで今回は、理系の女性を楽しませる方法とデートプランについて紹介していきます。

『リケジョ』という言葉が流行するほど、最近は理系女性に注目が集まっていますよね。
とても頭が良く真面目で堅い女性ばかりなので、恋愛するにはハードルが高いと感じる男性も多いでしょう。
そんな理系の女性を楽しませる方法やデートプランについて、知りたいと思いませんか?

理系女性は、恋愛マニュアルでは通用しない難しさがあります。
しかし、それをマイナスに捉えずに、ポジティブに考えて一緒に楽しむことが一番です。

そこで今回は、理系の女性を楽しませる方法とデートプランについて紹介します。

いつも真面目な理系女性の意外な一面を見られるように、素敵なデートプランを立ててくださいね。

理系の女性の恋愛傾向とは?

理系の女性の恋愛傾向とは?
普段から数式や研究に没頭している理系女性は、恋愛においての経験値は少なく、苦手な分野だといえます。

しかし興味がないわけではなく、恋愛をしたいと思うのは女性であれば当然のことです。

ただ一般的な女性に向けた恋愛テクニックは通用しないので、扱い方の難しさを感じることは多いでしょう。

理系女性の恋愛傾向は、

  • 会えない時間や期間は気にしない
  • 面倒な駆け引きは好まない
  • お互いの時間を尊重したい
  • 信頼と尊敬の気持ちを大切にしたい

ということがあります。

共感を求めたり、依存をし合うようなことはないので、恋愛をしても自立しているのが特徴です。
また自分の世界をもっているので、そこに入りこもうとはせずに、それぞれの時間を見守りながら、各自楽しむことも必要となります。
どちらかというと男性の感覚に近いので、女性らしく接するよりも対等な関係でいることが恋愛を上手にするポイントだといえるでしょう。

理系の女性を楽しませる方法は?

理系の女性を楽しませる方法は?
理系女性の恋愛傾向を理解しても、実際に楽しませるための方法がわからずに悩む人も多くいます。
先ほども紹介したように、一般的な恋愛マニュアルは通用しないので、難しく考えてしまうと楽しませることもできなくなってしまうでしょう。

理系女性を楽しませるためには、
『感覚の違いを楽しみつつ新しい世界を見せる』
ということが大切です。

無理に理系女性に合わせて難しい話をするのではなく、理系女性が触れたことのないような世界に導いてあげてください。

楽しませる方法①│感覚の違いを楽しむ

楽しませる方法①│感覚の違いを楽しむ
理系女性は、独自の考えや独特の感覚をもっている人が多いです。

この考えや感覚に触れたとき、
『え?何言っているの?』
と言ってしまう男性は、理系女性を楽しませることはできません。

周囲から見れば驚くようなことでも理系女性からすれば当たり前のことであり、それを否定されることは自分が否定されていることになってしまうのです。
驚くような言動があったとき、
『その発想は面白い!』
『こういう場合はどうする?』
などと一緒に楽しみながら模索していくようにしましょう。

それだけで理系女性は一緒にいて苦痛になることなく、ありのままで楽しむことができるのです。

楽しませる方法②│癒しの存在になる

楽しませる方法②│癒しの存在になる
男社会の中で過ごすことが多い理系女性は、常に気が張っていて、努力を怠ることなく頑張っています。

そんな女性を楽しませるためには、
『北風よりも太陽になること』
が大切です。

無理に笑わせようとしたり、話を盛り上げる必要はありません。
それよりもただ笑顔で隣にいて、すべてを包み込む心の大きさと温かさがあれば良いのです。
特別なことはなくても一緒にいると力が抜けるような癒しの存在になると、理系女性はその時間を愛しく尊いものだと感じてくれるでしょう。

楽しませる方法③│新しい世界を見せる

楽しませる方法③│新しい世界を見せる
理系に没頭して過ごしている女性にとって、理系以外のことは知らない世界が多くあります。

そこで自分の知らない新しい世界を見せてくれると、とても新鮮で楽しさを感じるのです。

たとえば、

  • 音楽
  • アウトドア
  • 料理
  • 映画

など趣味を共有してみましょう。
自分の好きなことを押し付けるのではなく、
『こんな世界もあるよ』
ということを知ってもらえれば十分です。

自分にない知識や経験をもつ男性を尊敬し、そして新しい世界に楽しさを感じてくれるでしょう。

理系の女性におすすめのデートプラン

理系の女性におすすめのデートプラン理系女性とデートをするとき、

  • 博物館?
  • 図書館?

と難しい場所をイメージしてしまいます。

理系女性は知的な場所を好むのは確かですが、このような場所は一人で静かに行きたい場合が多いです。

デートとして行くのが嫌というわけではないですが、特別に選ぶ必要はありません。

日々さまざまな知識を取り入れている理系女性にとって、デートは息抜きとなるもので、何も考えずに楽しめる場所が一番です。

つまり一般的に人気のデートスポットであるような、

  • 映画
  • 遊園地
  • 登山
  • 食べ歩き

などのデートプランを立ててみてください。

ただし平等を好むので、何でも男性だけで決めずに、ある程度プランを絞ったら女性に相談してみると良いでしょう。

意見を取り入れてくれることに喜びを感じるので、一緒に行きたい場所を選んでみてください。

まとめ

理系女性の世界観を認めつつ、一緒に楽しむことは大切です。
その中で理系女性が価値観や世界だけではないことを知ってもらい、新しい楽しさや魅力に気づいてもらうことがポイントとなるでしょう。
ぜひ理系女性との新鮮なデートを楽しんでくださいね。