山ガールとお近づきになりたい男性へ!好かれるポイントとアプローチ術を徹底解説!

この記事は2020年09月時点の情報を参考にしています テクニック

山ガールと付き合いたい男性のために、仲良くなる方法や落とし方を紹介します。インドア派の人でもできるポイントもあるので、山ガールのことが好きな男性はチェックしてみましょう。

アウトドア好きで快活なイメージがある山ガールに魅力を感じる男性は少なくありません。

しかし、山ガールとなかなか出会えない、出会えても話すキッカケが分からないと悩んでいる男性は意外と多いようです。

そこで今回は、あこがれの山ガールに好かれる方法、付き合うための効果的なアプローチ術についてご紹介します。

山ガールに好かれるには?

そもそも山ガールとは、登山などアウトドアが好きで、なおかつオシャレにも手を抜かないステキな女性のことを指します。

昔は登山が趣味と言うと、地味なイメージを持たれることが多かったのですが、今どきのファッショナブルな山ガールの姿を見ると、登山もおしゃれなレジャーに生まれ変わっていることを実感します。

登山に必要な機能性を大切にしつつも、見た目にも手を抜かないファッションを心がけている山ガールのことを魅力的だと感じるのは、当然と言えるかもしれませんね。

ポイント①:邪魔をしない


山ガールがオシャレでかわいいからと言っても、彼女たちは山に恋人を探しに来ているわけではありません。
山ガールの多くは、一生懸命山を登って、登りきったときの達成感を最も大切にしているのです。

なかには、誰かと楽しく話しながら、ゆっくり頂上を目指している人もいますが、1人でただひたすら山を登ることに爽快感を感じている人もいます。

山ガールと仲良くなりたいからと、登山中に何度も話しかける行為は、相手にとっては迷惑な可能性があります。
特に、「1人で山登りってさみしいだろうな」などと勝手に思い込んで、善意と下心から山ガールに近付くのは、嫌われる原因の1つです。
ベラベラと話しかける行為は、山ガールの登山の楽しみを邪魔することに繋がります。

相手が急なトラブルなどで困っている場合以外は、登山中の会話は挨拶程度にとどめておきましょう。

ポイント②:うんちくオジサンにならない


山ガールと仲良くなりたい、好かれたいからといって、自分の知っている山の知識を一方的におしゃべりするのはNGです。
「教えてあげよう」といった親切心に基づいていれば大丈夫と思うかもしれませんが、本当に調べたいことがあれば、彼女たちは自分でインターネットで調べたり、周囲の人に尋ねたりして解決します。

山ガールのなかには、山に登る爽快感が目当てで、山に対する知識には興味がない人もいます。

「この山は昔は〇〇山と呼ばれててね~」

といった会話に対して、

「そうなんですか」
「知らなかったです!」
「くわしいですね!」

と返されたとしても、それは社交辞令であることがほとんどです。

なので、調子に乗って、長々と話してしまうと好かれるどころか、嫌われてしまう可能性があります。
山ガールに好かれたいなら、自分の知識をひけらかさないようにしましょう。

ポイント③:見た目に気をつける


登山をたしなんでいる男性のなかには、「これが1番着やすい」と、何年も昔に購入したウェアを着続けている人がいます。
普通に登山を楽しみたいだけなら、それで問題はありませんが、山ガールと仲良くなりたいのなら、その考えはおすすめできません。

山ガールの特徴と言えば、オシャレなことがあげられます。

シーズンごとの最新のウェアをチェックしている山ガールも少なくありません。
自分のウェアだけでなく、男性のウェアもチェックして、

「男性と色違いで着たいなぁ」
「こういうウェアの男性ってカッコイイな」

と考えています。

いつも最新のウェアを着る必要はありませんが、たまにはアウトドア用品店やアウトドア専門誌をチェックして、最新のトレンドなどは知っておきましょう。

そして、登りやすさや着心地だけでなく、見た目にもこだわりを忘れないようにしてください。
オシャレな山ガールの隣を歩いたら、自分が冴えないオジサンみたいだった……なんてことがないように気を付けましょう。

ポイント④:マナーを守る


山ガール目当てに登山やハイキングに行く男性のなかには、マナーが悪い人がいます。
タバコを吸ったり、ごみをポイ捨てしたり、他の人の進路の邪魔になったりするような行為は絶対にしてはいけません。

山ガールは、自然に対してリスペクトを忘れない女性です。

マナー違反の行動をする男性には容赦がありません。

「これぐらい」と思うような些細なことでも、山ガールはしっかりと見ています。

なので、山ガールに好かれたいのなら、他の人のゴミでも拾ったり、すれ違った人と挨拶をしたりすることを忘れないようにしてください。
また、極端な軽装で登山をするのもNGです。
マナー違反の人として目立ったとしても、山ガールに好かれることはないので注意しましょう。

ポイント⑤:山ガールの特徴を知る


「山ガール」のことが好きな人もいれば、会社で好きな女性が山ガールだと知って、落とし方に悩んでいる人もいるかもしれません。
特に後者の場合は、自分に登山経験がないと、どんな会話をすれば良いのか困ってしまいますよね。

好きな女性が山ガールだからと言って、自分が無理に登山好きになる必要はありません。
しかし「山ガールって、登山が好きなんだろうなぁ」と思っているだけでは、相手と仲良くなるのは難しいです。

まずは、山ガールに対する知識を深めましょう。

まったく山ガールに対する知識がないのなら、山ガールが主人公のマンガなどを読んでみるのがおすすめです。
なんとなくでも、山ガールの登山の楽しみ方が理解できるようになるはずです。

その上で、自分も登山に行ってみようかなと思ったら、まずはハイキングや初心者コースに挑戦してみましょう。
そのときに気になっている山ガールに相談するのがポイントです。
初心者ということを隠さずに「初めて登山に挑戦しようと思うんだけど、どこがおすすめかな」と聞いてみましょう。
決してしてはいけないのが、漫画や映画の知識だけで「〇〇はこうするんでしょ?」「えっ、〇〇しないの?」などと、上から目線になることです。
登山に対しては山ガールが先輩ということを忘れてはいけません。

山ガールのアドバイスで初めての登山が成功したら、お土産と一緒に登山の話をしてみましょう。
登山に興味を持っているだけで、嬉しいと感じる山ガールは多いです。
分からないことや知らないことはどんどん質問して、山ガールとの距離を縮めていきましょう。

ポイント⑥:体を鍛えておく


山ガールと一緒に登山に行くつもりがなくても、体を鍛えておくのはおすすめです。
山ガールは華奢に見えても、登山で足腰を鍛えています。
とっさのときに、女性よりも体力がなかったとなると、引かれてしまうかもしれません。

山ガールは、普段、体力のある登山好きの男性と出会うことが多いです。
そんな山ガールにとって、自分よりも体力がない男性は、頼りなく感じてしまい魅力的に見えません。
好きな女性が山ガールなら、ジムに通って体力を付けることから始めてみましょう。

山ガールとの付き合い方


山ガールと仲良くなってきたら、気になるのは落とし方です。
さらに距離を縮めるための方法をご紹介します。

付き合い方①:登山仲間を知る


山ガールのなかには、グループで登山を楽しんでいる人も少なくありません。
力が必要なことが多い登山では、登山グループの中に男性が数名いることもあります。
完全に趣味の仲間と割り切っていることもあれば、その中で恋愛に発展することも……。
山ガールを落としたいなら、普段はグループで登山をしているのかや、メンバーについて聞いておきましょう。
もしも、メンバーを募集しているのなら、立候補するのがおすすめです。
もちろん実際に登山をするとなると、山ガールへの下心だけではうまくいきません。
登山が好きで体力があるのが最低条件ですが、山ガールとの距離は確実に縮まります。
登山中はもちろん、登山計画や準備のために連絡を取る回数が増え、登山後の話題にも困らなくなるので、山ガールを落としたい人にピッタリです。

注意点


登山グループに入ると、目当ての山ガール以外とも仲良くならなければいけません。
グループの調和を考えずに、あまりに露骨な態度をとると、落としたい女性からも嫌われる可能性があるので注意しましょう。

付き合い方②:アウトドア用品店に一緒に行く


山ガールと仲良くなったら、アウトドア用品店に一緒に行ってみましょう。
行く前には、アウトドア雑誌を読んでよく使われている用語などは、軽く勉強しておくのがおすすめです。
アウトドア用品店に誘う口実は「友達とキャンプに行く」「バーベキュー用品をそろえたい」など、現実味がある内容にしましょう。
明らかに登山に興味がないのに「〇〇山に登るつもり」などは、嘘とバレてしまいます。
登山をするからとアウトドア用品店に付いてきてもらったのに、いつまで経っても登山をしていないなんてことになると、不信感を持たれる原因になりかねません。

一緒にアウトドア用品店に行って、登山の道具やウェアを見ていると自然と話が盛りあがるはずです。
小さなものでも良いので、何か1つはアウトドア用品を購入してみましょう。
たとえばウィンドブレーカーなら、登山でなくてもジムに行くときや普段使いにも使えます。
落としたい女性の意見を聞きながら、購入することで、後日の会話の話題につなげることも可能です。

そして、アウトドア用品店の帰りには、付き合ってくれたお礼として食事やお茶に誘ってみましょう。
デートとして誘うと警戒される相手でも、比較的スムーズに誘うことができるはずです。
相手が話してこない限りは、恋愛の話ではなく、登山の話題をするようにしましょう。

付き合い方③:ポジティブな会話を心掛ける


登山があまり好きでない男性は、悪気なく、

「わざわざ山に登って疲れない?」
「トイレとか大変じゃない?」
「熊とか出たら危ないよ」

などと、ネガティブなことを言いがちです。

山ガールと付き合いたいなら、こういったネガティブ発言はしないでおきましょう。
特に、登山中のトイレやメイクの話題は嫌がる女性が多いので注意が必要です。

山ガールには、

「頂上の景色って、やっぱり登って自分の目で見るのが1番だよね」
「頂上で温かいコーヒー飲んだら、すっごい幸せだろうな」

といったポジティブな言葉をかけてあげましょう。
ふとしたときに、相手から「一緒に山に登る?」と誘われたら、距離を縮められている証拠です。

注意点


山ガールには、好きな相手に山登り中のスッピンを見られたくないと思っている人や、1人で山を登るのが好きな人もいます。

なので、一緒に山に登るのを嫌がられたり、登山に誘われたりしないだけで、「脈がないな」とあきらめないようにしましょう。

付き合い方④:頼りがいのある男になる


山ガールは普段から、登山が趣味の男性と知り合うことが多いです。
登山中にトラブルに見舞われて、通りかかった男性に助けてもらった経験がある山ガールも少なくありません。

山では助け合いが当たり前とは言え、頼りがいがある男性に対してドキっとする女性は多いものです。

頼りがいのある男性をたくさん見てきた山ガールの前で、無責任だったり、いいかげんな対応ばかりしていると、恋愛対象者として見てもらえません。
山ガールを落としたい場合は、普段から頼りがいのある面を見せるようにするのが、心を落とすポイントになります。
具体的には、悩んだり迷ったりしないこと、声は大きめでハキハキと話すことがおすすめです。

そして、周囲の人に対して気遣いを忘れないことも重要と言えます。

みんながやりたがらない雑用を引き受けたり、不安そうな人に声をかけたりしている姿を見ると、山ガールは「一緒に登山をしていても頼れるタイプだな」と感じて、好感度を上げてくれるでしょう。

付き合い方⑤:一緒に山ごはんを楽しむ


山ガールのなかには、山登り中に自分でコーヒーを沸かして飲んだり、食事作りを楽しんだりする人もいます。

これらは「山ごはん」や「山めし」とも呼ばれていて、登山好きの中にも愛好者が多いです。

付き合いたい山ガールが、山ごはん好きだった場合は、料理の話題で仲良くなりましょう。

ただし、「料理」と言っても、家のキッチンで作るものと、山ごはんは別物です。

山ごはんは、最低限の荷物や食材でいかにおいしく調理するのかが醍醐味と言えます。
水やガスが豊富に使える自宅での調理と同じように考えてはいけません。

山ごはんだけなら、高い山に登らなくても、キャンプ場やハイキングでも楽しむことができます。

「山ごはんに興味があるから、今度付き合ってくれない?」

と山ガールを誘ってみましょう。

山ごはん作りでは、手際の良さも大切なポイントと言えます。
バーナーの使い方がわからなかったり、調理に慣れていないとカッコ悪いです。
山ガールに笑われないように、事前の準備やシミュレーションは完璧にしておきましょう。

初めての山ごはんデートがうまくいけば、2回目、3回目と次回の山ごはんの内容を考えながら、デートの回数を重ねていきやすくなります。

山ごはんで女性にカッコ悪い姿を見せてしまった場合は「自宅で料理の腕前を披露して名誉挽回したい」と言い、お家デートに誘うのもおすすめの方法です。

山ごはんをきっかけに山ガールと仲良くなる方法は、登山に自信がないタイプの男性でも実践しやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ


山ガールと仲良くなって付き合う方法としては、

好かれ方

  • 邪魔をしない
  • うんちくオジサンにならない
  • 見た目に気をつける
  • マナーを守る
  • 山ガールの特徴を知る
  • 体を鍛えておく

付き合い方

  • 登山仲間を知る
  • アウトドア用品店に一緒に行く
  • ポジティブな会話を心掛ける
  • 頼りがいのある男になる
  • 一緒に山ごはんを楽しむ

以上の11点を意識しておくことが重要です。

山ガールと仲良くなるには、本来なら登山仲間になるのが近道なのですが、登山が苦手な人でもできるポイントから実行すれば大丈夫です。

かわいい山ガールと交際できるように、がんばってみてくださいね。